人気ブログランキング |

愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「ヨブ」CD、その後・・・

a0142083_09304547.jpg「ヨブ」CDが、ようやく四ッ谷(サンパウロ)に入ったので、手作りPOPを持って御挨拶に行きました110.png CD売り場、正面中央に置いて下さり、ありがとうございます。朗読者さんの御尽力のお蔭です。
a0142083_09400810.jpg







思えば、銀座教文館にはジャケット画の「顔」で(?)入れて頂きました。製作に御一緒して下さった方々の力に支えられ、多くの皆さまのお手元に近づける事を感謝しております。そして、素敵な方々と出会い、共に働ける奇跡を神様に感謝162.png

イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」
-ヨハネによる福音書21章6節-

by hild_yam | 2019-04-29 10:19 | 音楽 | Comments(0)

御機嫌うかがい♡

a0142083_08555517.jpgオルガンの御機嫌伺いに、軽井沢へ行って来ました。
盛大に空鳴りしてましたが、3~4時間弾いたら大分収まり、音も生き返って、終わり頃には心に語りかけて来た116.png製作者さんに修理依頼済み、後は日程調整、との事です110.png 沢山お祈りしたから、マリア様が結び目を解いて下さったかも101.pnga0142083_09214278.jpg





それにしても、1年でここまで劣化するとは151.png 使用状況を何とか出来ないものか121.png 「沢山弾いて下さい」と申し上げたところ、「えっ、弾いた方が良いんですか」って、、何も分かってないような、、、117.png 山桜が綺麗でしたが、天気悪過ぎ→
なので、去年の写真をupしておく↓
a0142083_09243031.jpg愛すべきオルガンの元気回復のためにも、皆で二日間弾きまくりましょう169.png
神のいつくしみのノヴェナ最終日は、「生ぬるくなっている霊魂たち」のために祈ります。

「天にはとこしえに慈しみが備えられ
あなたのまことがそこに立てられますように」
-詩編89編3節-

by hild_yam | 2019-04-27 09:47 | 旅行と巡礼 | Comments(0)

祈り。。。

a0142083_09280308.jpg復活の主日にテロ、フィリピンでは地震、言葉がありません。亡くなられた方々が天の御国で安らかに憩われますように、残された人々の体と心が癒されますように、お祈り申し上げます。今日もフツーに目覚めた私たちが決して驕ることなく、次の瞬間には神様の前に立つかも知れない現実を忘れないで、祈りと回心に熱心でありますように。a0142083_09441166.jpg





神のいつくしみのノヴェナ6日目は、「柔和で謙遜な霊魂と幼子たちの霊魂」を神のいつくしみに浸します。

わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。
-マタイによる福音書11章29節-

下の写真は、ネットより拝借。
a0142083_10034982.jpg
a0142083_10040405.jpg

by hild_yam | 2019-04-24 10:11 | 日々の出来事 | Comments(0)

主の御復活おめでとうございます♡

a0142083_15333132.jpg
キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。
-フィリピの信徒への手紙2章6-9節-

ここ数日、心に響き、味わった御言葉。マリアの賛歌も響きあいます。

神はその力を現し、思いあがる者を打ち砕き、
権力をふるう者をその座からおろし、見捨てられた人を高められる。
飢えに苦しむ人はよいもので満たされ、おごり暮らす者はむなしくなって帰る。
-ルカによる福音書1章51-53節-

だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。
-ルカによる福音書14章11節-

私たちをとても大切に思って下さる神様は、永遠の御国でも私たちと一緒に喜びの時を迎えたいから、この世でも、このようになさるのですね101.png
神のいつくしみのノヴェナ3日目は、「信心深くて忠実な霊魂たち」を神のいつくしみの大海に浸します。

受洗された今期アルファのゲストさんと御一緒に、教会庭でパーティーを楽しみ、午後から久しぶりにNさんを訪ねました。去年の復活祭は施設のベッドにおられたNさんですが、御自宅付近をお一人で散歩なさるほどお元気です110.png 祝福された卵などお持ちし、復活祭を思い出して頂けたかな、、短い立ち話でしたが、幸せな時でした102.png

by hild_yam | 2019-04-21 16:45 | 神さま、大好き! | Comments(0)

聖土曜日☆

a0142083_13580639.jpg今年は、藤の香りの中で迎える復活祭になりそう101.png
神のいつくしみのノヴェナ二日目は、「司祭と修道者の霊魂」を神のいつくしみへお連れします。「今日、司祭と修道者の霊魂をわたしのもとに連れて来て、わたしの計り知れない慈しみに浸しなさい。彼らこそが、わたしの苦い受難を耐え忍ぶ力を与えた。彼らを通して、水路を通るように、わたしの慈しみが人類に流れ出る。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」1212)a0142083_14041069.jpg



アルファ仲間の影響か、、今年の卵は子供向けプリントに105.png

マグダラのマリアとヨセの母マリアとは、イエスの遺体を納めた場所を見つめていた。
-マルコによる福音書15章47節-

by hild_yam | 2019-04-20 14:14 | 神の慈しみと聖ファウスティナ | Comments(0)

聖金曜日☆

a0142083_11001645.jpg聖金曜日は、神のいつくしみのノヴェナ(9日間の祈り)を始める日でもあります。「この九日間に、あなたが霊魂たちをわたしの慈しみの泉へ連れて来ることを望む。それは、彼らがそこから、人生の苦難のとき、特に臨終のときに、力と涼しさを、そして必要としているあらゆる恵みを汲むことができるためである。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」1209より)第一日は「全人類、特にすべての罪人たち」をイエス様のいつくしみへお連れします。

するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。
-ルカによる福音書23章43節-

パリのフルニエ神父様の記事を読んで思い出した。阪神大震災の時、御聖櫃の前で倒れ、亡くなられた神父様の事。まず御聖体・・・とイエス様の元へ急ぎ、そのまま天の御国へ上げられた。パリ外国宣教会の神父様だったように記憶しているが。。

by hild_yam | 2019-04-19 11:27 | 神の慈しみと聖ファウスティナ | Comments(0)

聖木曜日☆

a0142083_10060549.jpg今日は聖木曜日、「全典礼歴の頂点」である「過越の聖なる三日間」が始まります。
この聖週間に、イエス様の痛ましい御受難と合わせて捧げられ、全世界の人々を回心へ導いておられるようにも見える、ノートルダム大聖堂の痛ましい火災。人間の鎖の先頭に立って御聖体と聖遺物である茨の冠を運び出した、パリ消防旅団のチャプレン、フルニエ神父様の記事を姉妹が送って下さいました。⇒https://www.cbsnews.com/news/notre-dame-cathedral-fire-heroes-human-chain-crown-of-thorns-blessed-sacrament/

さて、過越祭の前のことである。イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。
-ヨハネによる福音書13章1節-

by hild_yam | 2019-04-18 10:32 | 日々の出来事 | Comments(0)

季節は移り・・・

a0142083_09353135.jpg
強風で、桜が茎から引き千切られていた154.png

わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。
-ヨハネによる福音書10章10-12節-

昨日のアルファでご覧頂いたビデオは、こちら↓

a0142083_09481461.jpg


ランチは、こんな感じ→
季節は、桜から薔薇へ移りつつあります110.png

by hild_yam | 2019-04-15 22:35 | アルファ | Comments(0)

苦しみが祝福に変わる時

a0142083_09070968.jpg天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。」
-マタイによる福音書28章5・6節-

第15留 キリストはよみがえる
先 キリストは預言のとおり三日目に復活します。弟子たちはいのちをかけて、キリストの復活を世にあかしします。
皆 主イエス・キリスト、あなたは復活し、御父のもとへ帰ります。あなたとともに十字架の道を歩むわたしに、あなたとともに復活する喜びを与えてください。

結びの祈り
先 天の父よ、
皆 あなたはひとり子イエス・キリストのとうとい いけにえによって、苦しみの十字架を祝福のしるしに変えました。キリストに従うすべての人に、あなたのめぐみと平和をお与えください。アーメン。
祝福
全能の神が、主イエス・キリストの受難と復活の神秘によって、わたしたちを悪の力から守り、罪を赦し、復活の喜びに与らせてくださいますように。
全能の神、父と子と聖霊の祝福が皆さんの上にありますように。アーメン。(「十字架の道行」の祈りより)
a0142083_11125275.jpg

今年は修道院の桜の香りが、いつになく高い154.png 木の下に立つと、桜餅を食べた気分で111.png しかもカロリーゼロ104.png
今さらですが、はじめの祈りも記録しておく。
はじめの祈り
先 救い主キリストよ、
皆 わたしはあなたの歩んだ苦しみの道を思い浮かべて祈ります。あなたの十字架によって、わたしは あがなわれました。わたしは心からあなたに感謝します。わたしもまた、自分の十字架を背負ってあなたに従います。この決心を祝福してください。(「十字架の道行」の祈りより)

by hild_yam | 2019-04-11 09:31 | 十字架の道行 | Comments(0)

In Paradisum 楽園にて

a0142083_10283357.jpg彼らはイエスの遺体を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。イエスが十字架につけられた所には園があり、そこには、だれもまだ葬られたことのない新しい墓があった。
-ヨハネによる福音書19章40・41節-

第14留 キリストは墓に葬られる
先 弟子たちは埋葬のしきたりに従って、キリストのからだを布で巻き、岩に掘った新しい墓に納めます。
皆 主イエス・キリスト、あなたはこの世に来ましたが、この世はあなたを受け入れませんでした。あなたがひろくこの世に受け入れられるように、わたしに務めさせてください。(「十字架の道行」の祈りより)

墓への道を進む葬列のゆっくりした足取りが、弱拍のペダル四分音符によって表現される。同情のテーマが聴こえる。感情が高まり、起こった事を回想するかのように苦しみのテーマが模倣の形で現われる。しかしその後、同情は救いの希望に満ちた喜びへと変わる。天国的ヴィジョンの中で救いの実りが、苦しみのテーマの変形として響く。「天国の門が開き、永遠の安らぎへと続く〝筆舌に尽くしがたい〟結末の敬虔な感情が光耀く。」(M.デュプレ「十字架の道行」解説より)

by hild_yam | 2019-04-10 10:50 | 十字架の道行 | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー