愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

良き牧者

a0142083_08215595.jpg日曜日、われらの教会のミサ説教。「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました」という原田剛氏の絵本が紹介され、ペトロやパウロ、初代教会、殉教者たちが受けた鍛錬へと話が進む。その午後に、姉妹がポツリと言った。「きっと今、神さまは車の中で泣いてるよ」134.png

わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。
-ヘブライ人への手紙12章5節-
a0142083_08221341.jpg



別の姉妹からのメールは、パクアグネス宣教師の毎日の福音からの分かち合い。イ・キヤン神父様の黙想文「良き羊飼い」からとのこと。
「ニューヨーク教区の一人の司祭がローマのある大聖堂に祈るために行く途中、入り口で乞食に会いました。彼を一見見たその司祭は彼が司祭と同じ日に叙階されて司祭になった神学校の友人であることがわかりました。そして、彼が信仰と召命を失ってしまったとの話を聞きました。その司祭は大変ショックを受けました。
次の日、その司祭はヨハネ・パウロ2世教皇の個人ミサに参列する機会があったので、ミサの最後に教皇に挨拶をすることができました。自分の順番になって教皇の前にひざまずいて彼の昔の神学校の仲間のために祈りを求めたい心で、いままでの状況を簡単に説明しました。一日が過ぎて、バチカンからお知らせが来ました。教皇様との夕食に、例の乞食を連れて一緒に参加してほしいという招待を受けたのです。その司祭は乞食の彼を説得して、体を洗い、きれいな服に着せかえ、教皇の前に連れて行きました。
夕食後、教皇様は乞食と二人きりにしてもらいたいと司祭に頼みました。教皇は乞食の彼にご自分の告解ををお願いしました。彼は驚いて自分は今は司祭でないと申しました。教皇の答えはこうでした。「一度司祭であれば、永遠の司祭です。」乞食が「私は今、司祭の権限がありません」と固執しましたが、教皇は「私はローマの司教です。今、私は、その司祭の権限を授与します」とおっしゃり、意志を曲げませんでした。彼は教皇の告白を聞きました。彼はひどく泣いて泣いて、今度は自分の告白を聞いてくださいと教皇に求めました。最終的に、ヨハネ・パウロ2世教皇は彼に、いまどこの教区で物乞いをしているかを聞いて、彼を彼の小教区の助任司祭に任命し、乞食たちの世話をすることを任せました。新たに司祭になった彼は立派な司祭職を果たしました。今聖人になられたヨハネパウロ2世はイエス様のように良き羊飼いでした。」

[PR]
by hild_yam | 2018-04-24 09:14 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)

何度も、満たされ続ける、、

a0142083_10084308.jpg昨日のアルファでご覧頂いたビデオは、こちら↓
ランチは、こんな感じ111.png
a0142083_10090578.jpg







一つひとつの成り行きに、神さまの導きを感じて、感謝です110.png

霊に満たされ、詩編と賛歌と霊的な歌によって語り合い、主に向かって心からほめ歌いなさい。
-エフェソの信徒への手紙5章18・19節-

[PR]
by hild_yam | 2018-04-23 10:37 | アルファ | Trackback | Comments(0)

デビューいろいろ

a0142083_13370814.jpg
ようやくスマホデビューしたものの、使いこなせるか、、119.png 諸先輩方に、いろいろ教えて頂けると感謝です。
慣れれば何でもない事も、始めは大変105.png 明日オルガンデビューの彼女にも、神様の祝福が沢山ありますように169.png
モバイルアドレス御入用の方には、随時パソコンから(!)お知らせしますね105.png 小さい画面と片手入力に、疲れたわぁ151.png

賢人の教えは命の源。
-箴言13章14節-

[PR]
by hild_yam | 2018-04-21 13:59 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

読書の春・・・

a0142083_10173892.jpg穏やかな日差しに誘われて、久しぶりにベランダへ。姉妹が入手した古書。20年以上前に、U神父さんのお勧め文庫から借り出した時には、何も分かっていなかったように思う。それが今、何もかも自分たちと重なる。

漠然とした期待と目の前に山積する困難、にも関わらずイエス様が共にいる、主に導かれているという確信。
様々な背景の人々を集め、ひとつにされる神。超教派のプロジェクトと主の臨在。
祈りと学びと働きのバランスが大切な事、彼らの必要に答えようという思い、すなわち愛が中心で回心は結果に過ぎない事、宗教用語の用い方に注意すべき事など、常に立ち戻るべき教えやフォローアップの問題。
まだ届かない小切手に、皆が力一杯感謝の祈りを捧げるクライマックスに、何度も聞いたU神父さんと旭川の賛美が重なって涙が・・・103.png 「大勢の日本人の祈りによって救われた、何と驚くべき感謝な事」と熱く語るドイツの人々の証しが、力を持って甦る。
今、私たちは何処へ導かれているのだろう。偶然とは思えない励ましを頂いた気がする。

力によらず、権力によらず、ただわが霊によって、と万軍の主は言われる。
-ゼカリヤ書4章6節-

「主が責任をとってくださるかぎり、計画は栄える。しかし、私たちが、自分自身の力にたよって事を成そうと試みる時には、たちどころに失敗するのである。」(D.ウィルカーソン著「十字架ととびだしナイフ」結びより)

[PR]
by hild_yam | 2018-04-20 10:45 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)

お知らせなど

先日は発声講習会に御参加下さり、ありがとうございました169.png 軽井沢教会音楽の日の手続きやら、打ち合わせでバタバタしてしまいましたが、皆さま、9月以降の日程が入ったプリントをお持ち帰り頂けましたでしょうか。今年後半の日程は、こちらでも御確認頂けます⇒ http://blog.livedoor.jp/konzert1/archives/51961825.html
ヘクサコード・ソルミゼーションで歌ったビクトリア、びっくりするほど美しい響きでしたよ126.png 夏休み前なら、新たな御参加でも、まだまだお楽しみ頂けます124.png
そう言えばこの人も↓、発声講習会から、われらの教会に入られた・・・。
(CDに、ミサの音源は入っていませんが、、念のため。)

そこで今、申し上げたい。あの者たちから手を引きなさい。ほうっておくがよい。あの計画や行動が人間から出たものなら、自滅するだろうし、神から出たものであれば、彼らを滅ぼすことはできない。
-使徒言行録5章38・39節-

今年も筍の季節111.png 先日の人参ケーキの写真もオマケ↓
a0142083_09233245.jpga0142083_08594208.jpg

[PR]
by hild_yam | 2018-04-18 09:45 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ぐんぐん・・・

a0142083_12012549.jpg春がぐんぐん進んで、藤の香りに虫たちが集まります110.png
軽井沢教会音楽の日まで、1ヵ月となりました169.png ご案内、楽譜集、典礼式次第など、冊子のお渡し、事務手続きもぐんぐん進めております。まだまだ、参加者も受付中です。初めて御一緒する方にも、いつもお会いする方にも、楽しく素敵な時になりますように! 神さま、皆さま、よろしくお願い致します!!

ペトロとほかの使徒たちは答えた。「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。」
-使徒言行録5章29節-

神のいつくしみの大海に溺れた友が、ここにも103.png

[PR]
by hild_yam | 2018-04-12 12:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

究め尽くせないほどの

a0142083_08331854.jpg先日、冒頭に挙げたメッセージの続きは、こんな感じ。
「たとえその罪が緋のようであろうと、霊魂はわたしに近づくことを恐れてはならない。わたしの慈しみは極めて偉大なので、人間であろうと天使であろうと、いかなる理性も永遠にそれを究めることはできない。存在するものすべてが、わたしのいと優しい慈しみの内臓(はらわた)から生まれ出た。各々の霊魂が、わたしとの関わりの中で、永遠にわたしの愛と慈しみを観想することになる。慈しみの祭日は、わたしの優しさの内臓から生まれた。それが復活祭後の最初の主日に荘厳に祝われることを、わたしは望む。人類は、わたしの慈しみの泉に向かわない限り平和を見出さない。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」699より)

主よ、あなたのいつくしみの祭日を、地元でも荘厳に祝う事の出来る日が、来ますように!

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。
-ヨハネによる福音書3章16節-

[PR]
by hild_yam | 2018-04-11 08:52 | 神の慈しみと聖ファウスティナ | Trackback | Comments(0)

圧倒的な、いつくしみに

「我が娘よ、考えられないほどのわたしの慈しみについて全世界に告げなさい。わたしは、慈しみの祭日が、すべての霊魂、特に哀れな罪人のための避難所、隠れ家となることを望む。その日、わたしの慈しみの内臓(はらわた)が開かれる。わたしの慈しみの泉に近づく霊魂に、恵みの大海を注ぐ。告解に行き、聖体を拝領する霊魂は、罪と罰の完全な赦しを得る。その日、恵みが流れ出る神の水門は、すべて開かれる。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」699より)
a0142083_09500830.jpg

神のいつくしみの主日に、北浦和アルファはウィークエンド・シリーズに入りました174.png 本日のビデオは、こちら↓

長崎へ異動されるF神父さんの送別会があったので、ランチはデザート程度110.png
a0142083_10085711.jpg


イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
-ヨハネによる福音書3章3節-

天国に帰られた恩人が心にかけて下さり、お力添え下さるお蔭で、今の自分があることを圧倒的な優しさとともに体験し、抵抗することの出来ない神のいつくしみに包まれ、ミサ中涙が止まりませんでした145.png 実際、抵抗したんです、F神父さんのミサで(お別れが悲しくて)泣いてるって誤解されたらイヤだ!なんで、この日に重なるかなぁ、と130.png冒頭に挙げた、聖ファウスティナへのメッセージを深く体験させて頂き、感謝です。そして、こういうの私だけじゃない、と知って安心した→ http://neverslourdes.blog.fc2.com/blog-entry-433.html

[PR]
by hild_yam | 2018-04-09 09:49 | アルファ | Trackback | Comments(2)

イエスよ、あなたに信頼します。

a0142083_10192196.jpg神のいつくしみのノヴェナ(九日間の祈り)最終日110.png
「今日、生ぬるくなっている霊魂たちをわたしのもとに連れて来て、わたしの慈しみの深淵に浸しなさい。この霊魂たちは、わたしの心を大そう痛ましく傷つける。わたしの霊魂は、生ぬるい霊魂のためにゲッセマネの園で最も厭わしい嫌悪に苦しんだ。彼らのために、『父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください』[ルカ22・42]と叫んだのである。彼らにとって、救いの最後の希望は、わたしの慈しみに逃げ込むことである。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」1228)
「いと憐れみ深いイエス、あなたは憐れみそのものです。生ぬるい霊魂たちをあなたのいと憐れみ深い御心の住まいに連れて参ります。死体のように、あなたを大そう深い嫌悪で満たした、この生ぬるい霊魂たちが、あなたの清い愛の火の中で、もう一度燃え立たせられるようにしてください。・・・火と氷が一致させられることは不可能です。火が消えるか、氷が溶けるか、どちらかです。しかし、神よ、その慈しみによって、あなたは欠けているすべてのものを補うことがおできになります。」(同1229より)
明日は、神のいつくしみの主日です174.png イエスよ、あなたに信頼します。

あなたは御自分の息を送って彼らを創造し 地の面を新たにされる。
-詩編104編30節-

[PR]
by hild_yam | 2018-04-07 10:51 | 神の慈しみと聖ファウスティナ | Trackback | Comments(0)

歌い継がれた聖歌たち♪

a0142083_08114067.jpg軽井沢教会音楽の日で皆さんにご覧頂くために、1915年版「公教聖歌集」、1922年版「日本聖詠」伴奏譜、カトリック教会初の全国統一聖歌集1933年版「公教聖歌集」など、貴重な実物をお借りする事が出来ました。現在に至るまで歌い継がれている、聖歌も沢山入っています。

1873(明6)年にキリシタン禁制の高札が撤去されてから100年以上の間、激動の時代を超えて、わが国で歌い続けられた聖歌の歴史を知り、ミサやお祈りの中で御一緒に歌うって、ワクワクしませんか126.png
御参加のお申し込み、絶賛受付中162.png 日帰り参加も歓迎です。

貴重な資料の館外貸出を特別に許可して下さった聖グレゴリオの家所長の橋本先生と、丁寧に手続きを準備して下さった資料室司書の杉本先生に心よりお礼申し上げます。多くの教会音楽奉仕者の皆様に、お役立て出来るよう頑張ります166.png

さて、陸に上がってみると、炭火がおこしてあった。その上に魚がのせてあり、パンもあった。
-ヨハネによる福音書21章10節-

炭火は燔祭を思い起こさせ、153匹は当時の長老の数で、わたしたち一人一人の贖いのために十字架上に捧げられたイエス様の体、御聖体に通じる記述だそうです112.png (今朝のミサ説教より)

ノヴェナは八日目。「今日、煉獄に閉じ込められている霊魂たちをわたしのもとに連れて来て、わたしの慈しみの深淵に浸しなさい。わたしの血の奔流によって彼らの灼熱の炎を冷ましなさい。これらの霊魂を皆、わたしは深く愛している。彼らはわたしの正義に対して償いをしている。彼らに軽減をもたらす力があなたにある。わたしの教会の宝庫からすべての免償を引き出し、それを彼らのために捧げなさい・・・。ああ、彼らが苦しんでいる激しい苦痛を知りさえすれば、あなたは、霊的な施しを絶えず彼らのために捧げ、わたしの正義に対して彼らの負債を支払うだろう。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」1226)
「いと慈しみ深いイエス、あなたは御自ら、慈しみを望むと言われました。ですからわたしは、煉獄の霊魂たち、あなたにとって大そう愛しい霊魂たち、しかし、あなたの正義に対して償いをしなければならない霊魂たちを、あなたのいと憐れみ深い御心の住まいに連れて来ます。あなたの御心からほとばしり出た血と水の流れが、煉獄でもあなたの慈しみの力がたたえられるようになるため、清めの火の炎を消しますように」(同1227より)

[PR]
by hild_yam | 2018-04-06 09:35 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー