愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

愛に駆られて

a0142083_09135216.jpg餌食を前にした獅子のようにうなり
牙をむいてわたしに襲いかかる者がいる。
わたしは水となって注ぎ出され 骨はことごとくはずれ
心は胸の中で蝋のように溶ける。
-詩編22編14・15節-

第6留 ヴェロニカがイエスに布を差し出す

責め苛み、怒り、鞭打つ群れの中、イエスへの愛に駆られて走り寄る女性ヴェロニカ。差し出された布に、イエスは御顔を写された。今も、イエスは御顔を現される。「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」(マタイによる福音書25章40節)と。主よ、喘ぎ苦しむあなたの御顔に目を注ぎ、走り寄る勇気をお与え下さい。

[PR]
by hild_yam | 2018-02-27 09:38 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

悲惨な状況にも、

a0142083_10023118.jpgそこへ、アレクサンドロとルフォスとの父でシモンというキレネ人が、田舎から出て来て通りかかったので、兵士たちはイエスの十字架を無理に担がせた。
-マルコによる福音書15章21節-

第5留 キレネのシモンがイエスの十字架を担う

たまたま通りかかかって捕まり、死刑囚の十字架を担がされる、とんでもない災難。想像し得る最悪の状況の中でイエスに出会い、イエスと共に歩む、大きな祝福。今も、どのように悲惨な状況の時にも、そこにおられる主に出会うことが出来ると私たちは知っている。「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」(マタイによる福音書28章20節)主よ、共に歩んでおられるあなたに気付くことが出来ますように。

[PR]
by hild_yam | 2018-02-26 10:39 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

最近の諸々

a0142083_08383781.jpg花粉の気配とともに春を感じるこの頃116.png 芳しい梅の香りの中、小鳥たちの囀りが聞こえます110.png 実に色々あった週末ですが、嬉しかった事をひとつ。お誘いいただいた合唱コンサートで、若い方々のグレゴリオ聖歌がものすごく良かった169.png 昔、机を並べたこともある方の門下生らしい。こういう若者たちがいるなら、日本の教会音楽も(古楽部門は)大丈夫124.pnga0142083_08553099.jpg




a0142083_09044581.jpg
現代音楽部門は、もうひと頑張り、、かな、、、
3月25日の会、某教会の音楽黙想と重なってしまい、まだ朗読者が決まりません142.png どなたか男性(作曲家による指定)の方、ヨブ記を読んで下さいませんかぁ~

あなたのことを、耳にしてはおりました。
しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。
それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し
自分を退け、悔い改めます。
-ヨブ記42章5・6節-

[PR]
by hild_yam | 2018-02-25 23:37 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

愛と慈しみ

a0142083_13405086.jpgわたしを母の胎から取り出し
その乳房にゆだねてくださったのはあなたです。
わたしを遠く離れないでください
苦難が近づき、助けてくれる者はいないのです。
-詩編22編10・12節-

第4留 イエスは母に会う

渦巻く怒りと憎悪のただ中で、生まれる愛と慈しみの聖所。イエスと母マリアの眼差しが交わる。
どのような時にも愛する心を失うことのないように、母マリアさま、わたしの心を御守り下さい。「悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい。」(ルカによる福音書6章28節)主の御言葉に、真心を込めて従い続けることが出来ますように。

[PR]
by hild_yam | 2018-02-23 00:40 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

従い続けることが、

a0142083_12502163.jpg彼は軽蔑され、人々に見捨てられ
多くの痛みを負い、病を知っている。
彼はわたしたちに顔を隠し
わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。
-イザヤ書53章3節-

第3留 イエス、初めて倒れる

罵られ、打ち叩かれ、憎悪と怒りの中にイエスは倒れる。そして、また立ち上がり歩き続ける。わたしも立ち上がり、歩き続けるようにと招かれる。「わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。」(マタイによる福音書5章11節)と。主よ、あなたに従い続けることが出来ますように。


[PR]
by hild_yam | 2018-02-22 13:10 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

十字架

a0142083_08193268.jpg
イエスは、自ら十字架を背負い、いわゆる「されこうべの場所」、すなわちヘブライ語でゴルゴタという所へ向かわれた。
-ヨハネによる福音書19章17節-

第2留 イエスは十字架を担う

イエスは自ら十字架を背負い、わたしを招かれる。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。」(ルカによる福音書9章23節)と。主よ、あなたの血に染む足跡から目を背けることなく、従い続けることが出来ますように。

[PR]
by hild_yam | 2018-02-21 08:41 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

十字架の道行

a0142083_10252063.jpgピラトは、「あのユダヤ人の王を釈放してほしいのか」と言った。祭司長たちがイエスを引き渡したのは、ねたみのためだと分かっていたからである。祭司長たちは、バラバの方を釈放してもらうように群衆を扇動した。そこで、ピラトは改めて、「それでは、ユダヤ人の王とお前たちが言っているあの者は、どうしてほしいのか」と言った。群衆はまた叫んだ。「十字架につけろ。」
-マルコによる福音書15章9-13節-

第1留 イエスは死刑の宣告を受ける

妬みと偽証の中でイエスは裁かれ、死刑の判決をうける。今も、人は裁き、判決をくだす。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」(ルカによる福音書23章34節)
今年は、こちらの美しい庭園で十字架の道行を黙想します。
a0142083_11071989.jpg

[PR]
by hild_yam | 2018-02-20 00:23 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

なぜ、祈り?

a0142083_09351314.jpg北浦和アルファ、昨日のビデオはこちらです↓
祈りの課題山積で、祈りまくりの一日でした105.png
食卓は、もう春です110.png
修道院の河津桜も開花中↓
a0142083_09393387.jpg




どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。
-フィリピの信徒への手紙4章6節-

[PR]
by hild_yam | 2018-02-19 09:52 | アルファ | Trackback | Comments(0)

命日記念ミサ

a0142083_12232895.jpgちょうど6年前の今日、亡くなられた神父様の命日記念ミサに行って来ました。思いがけず出合った方々と御一緒させて頂き、大司教様にもご挨拶させていただき、感謝です。合唱コンサートのチケットまでいただいてしまいました。ありがとうございますm(_ _)ma0142083_12234761.jpg






あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。
-マタイによる福音書5章14節-

「闇が闇を打ち払うことはできない、それができるのは光だけだ。憎しみが憎しみを打ち払うことはできない、それができるのは愛だけだ。」(マルティン・ルーサー・キングJr.)

[PR]
by hild_yam | 2018-02-16 12:36 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

四旬節本番!

a0142083_11072162.jpg今日は、灰の水曜日。四旬節本番です!(リハーサル終了!?) ある方が、ある神父様からいただいた預言的メッセージ「あなたがやっていることは、神さまの御心に適っています。これからも度々、迫害を受けるでしょう」ムムムッ151.png

あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。
-マタイによる福音書5章13節-

先日の発声講習会は、新しい方々をお迎えして素敵な時になりました110.png 初めていらした方にも、長年御一緒している方にも、有意義でワクワクする学びの時を用意して下さる先生に感謝するとともに、「なんか不思議」と感じている方もあるかと。復活して、今も生きているイエス様が、あの場に御一緒しておられたような気がするのは、私だけ?

[PR]
by hild_yam | 2018-02-14 11:37 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30