愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:思ったことなど( 189 )

スーパースター?!

a0142083_12312560.jpg風邪ひき中、以前も触れたYoutubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」へ行ってみた。なんと、正月に10万だったチャンネル登録者が1ヵ月で11万に増えている150.png バチカン英語チャンネルの登録者が約1万、1番多いスペイン語で7万、超教派アルファの英語チャンネル登録者2.4万。一人の和尚さんの講和を聞くチャンネルで、1ヵ月1万人の勢いで登録者が増えるって153.png スーパースター?!理路整然とした教えと意外な処方箋に「助けられた」と感じる方々が、大勢おられる。これは学ぶべき事「大」かと。コップの中の嵐に辟易しているあなたや私の助けになる処方箋も・・・151.png

主を畏れることは知恵の初め。
-箴言1章7節-

by hild_yam | 2019-02-02 13:33 | 思ったことなど | Comments(0)

雑記

a0142083_15384023.jpg
その1 この正月、「大愚和尚の一問一答」なるYoutube番組にハマった。「悩み、苦しむ人々に寄り添うために、教会の敷居を低くしたい」と某司教様が腐心しておられたが、敷居ゼロで入れるインターネット。教えだけでなく、処方箋として示される第一歩が取り組み易く、的確。厳しいけれど温かい。問題を指摘するが、いかなる存在も否定しない。目からうろこ154.png
その2 アダムとイブの原罪について思い巡らす機会は多いが、彼らの子カインの罪はおぞましく、味わう機会も少なかった。ところが最近、これを身近に感じ、思い巡らす事が多い151.png 今朝の空110.png
a0142083_16195747.jpg
←おまけ 誰かに似てない?106.png

主はカインに言われた。「どうして怒るのか。どうして顔を伏せるのか。」
-創世記4章6節-

by hild_yam | 2019-01-20 16:32 | 思ったことなど | Comments(0)

わが家もクリスマス☆

a0142083_10345951.jpgとっておきのグリューワインで、わが家もようやくクリスマス177.png って、もう年末ですが、、教会暦は、まだまだクリスマスシーズンです110.png a0142083_10382915.jpg

こちらドイツ風⇒
相手の顔もろくに見えない薄暗闇で、お茶しなくても、、と最初の頃は思ったが、これが結構落ち着く。

ところが日本では、この時期に最も怖いのが火災。だから、ロウソクを幾つも点けると落ち着かない151.png
お国柄、いろいろ119.png

彼らは実に、よそから来た者を大歓迎し、
自分たちと同じ権利を与えておきながら、
つらい労働を課して虐待したのである。
-知恵の書19章16節-

by hild_yam | 2018-12-27 11:00 | 思ったことなど | Comments(0)

before「ヨブ」& after

ドミニコ会の神父様による、Making"Job"と言う作品の録音を頂いた。ジャズ風ミュージカルだろうか、分かり易い解釈が心に入る。財産や体への攻撃に加えて、サタンはヨブの妻と3人の友人の心に入り込んで、激しくヨブを苦しめる。エベンの作品に出て来ない3人の友人、「面倒くさいヤツら」くらいに思っていたが、この友人たちのように振る舞った事はなかったか、、反省137.png ヨブ仲間(?)の輪が広がり、理解も広がる110.png
a0142083_15022397.jpg当方のCDブックレット掲載の原田陽子さんの絵、燦然と輝く掟の下に立つ義人ヨブ(1曲目、表紙)と対照を成す構図で、苦難の中で神と出会い、喜びに満ちた姿(終曲)が描かれている。印刷が小さくて申し訳ないが、虫眼鏡で見ると駱駝やロバ達も喜びに溢れている。このような姿で、天の門をくぐりたいものである。

あなたは全能であり
御旨の成就を妨げることはできないと悟りました。
-ヨブ記42章2節-

by hild_yam | 2018-11-20 15:25 | 思ったことなど | Comments(0)

健康長寿の秘訣?!

注文した本と一緒に送られて来たプリントが、とても良いので分かち合わせて頂きます。
a0142083_13324897.jpg

これって、いつまでも元気に生きる秘訣じゃないですか177.pnga0142083_13360501.jpg
明日から東北大会です169.png 参加者の皆さんが気持ち良く主を賛美できますように、地元主催者の皆さんの負担が軽減され、良い時になりますように、音楽奉仕頑張ります166.png

ハレルヤ。わたしの魂よ、主を賛美せよ。
-詩編145編1節-

by hild_yam | 2018-11-08 13:43 | 思ったことなど | Comments(0)

秋晴れ

a0142083_09482014.jpg夏の間元気に咲いていた、ニチニチソウやペチュニアが「そろそろ終わりですよぉ」と言っている。店頭で華やぐガーデンシクラメンやビオラと選手交代126.png 今年は、秋晴れが数えるほどしかありません。。ベランダライフを楽しむ機会も少なくなりました121.png 夏は猛暑、秋は台風131.png、冬は酷寒、春は花粉153.png 「終わりの時」を生きている感じです。イエス様と顔と顔を合わせてお目にかかる時、

「よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。」
-マタイによる福音書25章21節-

と言って頂くことが出来るよう、日々砕かれ、形づくられていると感じます。アンティオキアの聖イグナチオの言葉が、妙に心に沁みました112.png
「私は神の穀物であり、キリストの清いパンとして認められるために、獣の牙で粉にひかれるのです。」

by hild_yam | 2018-10-17 09:47 | 思ったことなど | Comments(0)

「空気」

a0142083_09095764.jpg朝から悲しい事があった火曜日の夜、ポストに届いた本。注文した古書が一日早く届いただけだが、このタイミングに神様の優しさ、ご配慮を感じる112.png

ナチス支配下での地下活動を突き動かす良心の人々、強制収容所を支配する憎しみと力の原理、読み進む中で感じる「雰囲気」に、日本の殉教者たちもこんな感じだったのかなぁ、昨年来身近に漂っている「空気」も何か似てないか、、などモヤモヤ感じる。。。そうか177.png、ある集団や社会が、多様性への寛容を失い、自分と違う者、理解できないものを排除しようとする時に生まれる敵意。これに対して、強制収容所の中、考え得る最悪の状況の中でも、聖書の御言葉と祈り、賛美の時がもたらした大きな喜び、イエス様の臨在。

これは、私たち一人ひとりへのチャレンジですね。「あなたは何に従い、どう生きる?」と。成果や効率に目を奪われる時、私たちは簡単に「空気」に飲まれてしまうし、自分の良心や信仰の力だけでイエス様のように生きるのは難しい、、聖霊によらなければ出来ない事もある。
まずは神様とのパイプラインをしっかり整えて、イエス様と似た行動が出来るように導いて頂きたいものです。
a0142083_10031608.jpg

わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。
-ローマの信徒への手紙5章5節-

「コーリー、人間的な古い方法では愛せなくなった時に、神様は私たちに、完全な方法を与えてくださるんだよ。」(コーリー・テン・ブーム「わたしの隠れ場」より)

by hild_yam | 2018-03-20 10:13 | 思ったことなど | Comments(0)

人生の不思議

a0142083_08303057.jpg長年この界隈に住みながら、最近まで知らなかったのです151.png この作品群が立つ美しい空間を。極めて少額ながら年金デビューの手続きに訪れた、事務所近くの公園に立ち寄りました。これらを収集されたのは、どのような方かしら・・・と想いつつ、なぜか昔の事、自分の歩んだ道、召命の軌跡を思う。
a0142083_08305055.jpg岐路に立つ度に、あらゆる道が閉ざされて、一つだけ残る可能性へ進むしかなかった、、逃げ道を塞がれたヨナのような導きですが、、、今、振り返ると、無駄なく美しく織られた、神様の作品が見えます。先の事は分かりませんが、この方と一緒に行けば大丈夫。主との出会いが、そして人生そのものが大きな賜物です110.pnga0142083_08310928.jpg






我々は御前に生きる。
我々は主を知ろう。
主を知ることを追い求めよう。
-ホセア書6章2・3節-

by hild_yam | 2018-03-10 09:07 | 思ったことなど | Comments(1)

思い煩い。。

a0142083_09470169.jpgアルファ推薦図書のコーリー・テン・ブーム著「わたしの隠れ場」を読みたいのだが、入手し易い「何という愛」から読了した。強制収容所と言う悪の渦中で、愛とゆるしに留まる力を与え続けた神の御業。なぜか心に残ったのは、意外と身近な気づきだ。「思い煩いは主から来るものではないと思うわ。それは敵からのもの。
・・・あなたは思い煩いに勝利することはできない。けれど主イエス様にはできる。主は聖霊を通して勝利してくださるわ。思い煩いが罪であると理解すれば-本当にそうなのよ、聖書が思い煩うなと教えているから-罪に対してどうすればよいかわかるでしょう。」(「20心配」より) 死ぬ時の事とか、コントロール不能な事は神さまに信頼しているつもりだが、人間関係の事など、こうしても大丈夫か、あの言葉が誰かを傷つけていないか、等々、思い煩いに時間を費やしている自分に気づく。思い煩うより先に、愛と励ましに満ちた言葉を語れるようになりたいものである。うぅ~む。。共同回心式が終わったばかりなのに。。。

あなたの重荷を主にゆだねよ 主はあなたを支えてくださる。
-詩編55編23節-

↓同級生が送ってくれたバースデー・フォトブック。なごみます126.png 2年半で8版まで売れてる147.png 一見平和で便利な日本で、疲れている人、重荷を感じている人は、多いんですよね。。
a0142083_09454571.jpga0142083_09453793.jpga0142083_09403959.jpg

by hild_yam | 2018-03-06 12:13 | 思ったことなど | Comments(0)

最近のあれこれ

a0142083_10044056.jpg先週は、つくばのコンサートへ行って来ました169.png 今年も、ミサ曲2曲のプログラム。日本中で、どれほど多くの人々が、クレド(信仰宣言)を含むミサ曲を毎週、一生懸命練習して歌っている事か!これらの音楽が本来あるべき場所「ミサ」、すなわち秘跡との接点を、この国で見つける事の困難を思い、日本のカトリック教会が抱える病を垣間見る機会を得、少々重いクリスマスとなりました。まぁ、教会ってのは人間の集まりで、しかも罪人や病人の集まりなので、昔から色々あります148.png そんな中でも、神様(復活して、現実に私たちのただ中に生きておられるイエス様)が、力強く働いている事に気づくと、感動です110.png
a0142083_10344580.jpg↑今年は控えめな、つくばのイルミネーション。
クリスマスプレゼント集合写真→
お渡し出来なかったプレゼント、日持ちするものは来年にでも、、日持ちしないのは没収っ。

「天が開いて、人の子が神の右に立っておられるのが見える」
-使徒言行録7章56節-

家の前に突然移動して来たバス停が、突然(以前より遠くに)去って行った118.png 人生なんて、そんなもの。天国に入るまで、修業の日々119.png

by hild_yam | 2017-12-26 10:49 | 思ったことなど | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28