愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:音楽( 227 )

慄きつつ、感謝し、

a0142083_11251887.jpg災害、猛暑、、自然の脅威に慄きつつ、聖書からエベン氏のメッセージをお届けすべく、黙々と取り組む日々116.png 思考錯誤の中で、所沢スタイルの楽しみ方も身につけつつあります。こんなに大きくて、美しいオルガンと親しく交わる機会、この奇跡を楽しみ、十分に味わいたいものです110.pnga0142083_11362542.jpg






今年も、ピートコさんがupして下さいました169.png
皆さまのお越しをお待ちしております。
a0142083_11414393.jpg



他教会のオルガニスト方と語り合う、和やかな時間も嬉しい101.png
所沢野菜と地鶏卵のオムライス↓
a0142083_11531437.jpg





お前はまた、大地の広がりを 隅々まで調べたことがあるか。
そのすべてを知っているなら言ってみよ。
-ヨブ記38章18節-

[PR]
by hild_yam | 2018-07-14 11:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

軽井沢・教会音楽の日2019 ♫

a0142083_08532375.jpg軽井沢・教会音楽の日2019が、次のように決まりました169.png

とき 2019年5月10日(金)~11日(土)
ところ 御聖体の宣教クララ修道会・中軽井沢修道院
協力司祭 塩田泉(さいたま教区)
講師 鈴木優(合唱)・山田早苗(オルガン)

グレゴリオ聖歌、ルネサンスからロマン派、現代までの合唱曲、ワーシップソングなど神を賛美するために歌い継がれる音楽の宝庫から、ふさわしい曲を選び共に学び、祈り、典礼を祝います。a0142083_08545349.jpg
今年に続き、明治時代から歌われているカトリックの日本語聖歌のご紹介や、グノー「小ミサ曲ハ長調」、当日のグラドゥアーレとアレルヤ唱を練習する予定です。
内容の詳細は、クリスマス前頃に124.png 来年も、皆様の笑顔に出会える事を楽しみにしております。

以下、個人的な証しです。
今年、最終日のミサでオルガンの空鳴り(鍵盤を弾いていない時にピーッと音が鳴り続ける)があったので、祈りや説教中はこのストップを引っ込め、演奏直前にストップを引き出す形で対応しました。去年は鳴ったのに、今年は音が出ないパイプもあり、この1年間の劣化を思うと「来年は、このオルガンでの講習会は無理かも・・・」と。そこで私はミサ中、神様に申し上げました。「主よ、もし来年もこの会をお望みならば、あなたがオルガンメンテナンスの道筋を整え、司祭を与えて下さらなければなりません。あなたが、この二つをして下さるなら、私も御協力致します。」

そして私はオルガンの現状を院長様と製作者さんに報告し、二年間お世話になった「神父様が来年は御無理との事なので、来年の予定はありません」とスタッフ方にお知らせして御役目終了177.png と思ったのですが、、
なんと、、、神様の迅速な対応にびっくり146.png
5月末、製作者さんが手弁当で丸一日の応急処置をして下さり、本格的な調律、調整に必要な日数と費用を出して下さいました。
そして先日、某教会の方から「塩田神父様が御一緒して下さるそうですが・・・」

と言う訳で、神様とのお約束なのでオーガナイザーを引き受けます。やるからには、沢山の祝福をお願いし、期待しつつ、皆様と御一緒に恵みの時を過ごしたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

御名に望みをおきます
あなたの慈しみに生きる人に対して恵み深い あなたの御名に。
-詩編52編11節-

[PR]
by hild_yam | 2018-06-26 08:09 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

80ストップのパズル

a0142083_11363624.jpg今年も、80ストップのパズルの始まり137.png 机の上から床まで広がる資料153.png お優しい主の導きにより、今年はまだ暑くない時期に始められている、感謝。

主よ、わたしはなお、あなたに信頼し
「あなたこそわたしの神」と申します。
-詩編31編15節-

今日は、パドバの聖アントニオ様の記念日ですね177.png ホントに、力のある聖人です。彼にお願いして助けられなかった事は、一度もありません。今朝のミサでも、現在の困難から抜け出せるようお導きを、と心より祈りました。

[PR]
by hild_yam | 2018-06-13 08:36 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

パイプオルガンコンサート♪

a0142083_10570394.jpg夏のパイプオルガンコンサートの御案内をupしました169.png
今年はカリタスコンサートが早かったので、頑張って早めに印刷しました110.png が、、今年は配って頂けなかった117.png 「お互いの事を思い」相手の事も大切にしないと、いずれ出演者がいなくなるのでは・・・と感じるのは老婆心でしょうか。。カリタスの事は神様にお任せなので、まぁ、いいんですけどね128.png 四半世紀も続いている事なんで、少々心配ではあります。

何事にも時があり  天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時  植える時、植えたものを抜く時
-コヘレトの言葉3章1・2節-

コンサートホールでの夏の発表会も、今年で一区切りになりそう。

[PR]
by hild_yam | 2018-06-04 11:22 | 音楽

ただ主を讃え・・・

a0142083_15495621.jpg薔薇が美しい季節になりました124.png G.W.後半は、軽井沢の準備に邁進=3
朝ミサから戻ると、既に留守電が146.png「まだ、申し込めますか~」。
「費用を振り込みました~」との電話に、確認すべくパソコンを開くと「親が倒れて・・・」「親戚の葬儀が・・・」とキャンセルメールも153.png 主よ、この期に及んでメンバーの入れ替えは御勘弁を151.png 皆さま、病気や怪我に気を付けて、元気でいらして下さいませね162.png
日本語聖歌集の流れを概観して頂けるよう、ローマ教皇庁がパリ外国宣教会に日本への宣教師派遣を依頼した幕末から、典礼聖歌合本が出版された1980年までをA3四枚はぎで、年表にしてみました116.png 気分は学園祭。。↓
a0142083_16184069.jpg



向こうで難しい話しはせず、ただただ主を讃えて歌う予定169.png

また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。
-マタイによる福音書18章19節-

[PR]
by hild_yam | 2018-05-06 16:39 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

お知らせなど

先日は発声講習会に御参加下さり、ありがとうございました169.png 軽井沢教会音楽の日の手続きやら、打ち合わせでバタバタしてしまいましたが、皆さま、9月以降の日程が入ったプリントをお持ち帰り頂けましたでしょうか。今年後半の日程は、こちらでも御確認頂けます⇒ http://blog.livedoor.jp/konzert1/archives/51961825.html
ヘクサコード・ソルミゼーションで歌ったビクトリア、びっくりするほど美しい響きでしたよ126.png 夏休み前なら、新たな御参加でも、まだまだお楽しみ頂けます124.png
そう言えばこの人も↓、発声講習会から、われらの教会に入られた・・・。
(CDに、ミサの音源は入っていませんが、、念のため。)

そこで今、申し上げたい。あの者たちから手を引きなさい。ほうっておくがよい。あの計画や行動が人間から出たものなら、自滅するだろうし、神から出たものであれば、彼らを滅ぼすことはできない。
-使徒言行録5章38・39節-

今年も筍の季節111.png 先日の人参ケーキの写真もオマケ↓
a0142083_09233245.jpga0142083_08594208.jpg

[PR]
by hild_yam | 2018-04-18 09:45 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ぐんぐん・・・

a0142083_12012549.jpg春がぐんぐん進んで、藤の香りに虫たちが集まります110.png
軽井沢教会音楽の日まで、1ヵ月となりました169.png ご案内、楽譜集、典礼式次第など、冊子のお渡し、事務手続きもぐんぐん進めております。まだまだ、参加者も受付中です。初めて御一緒する方にも、いつもお会いする方にも、楽しく素敵な時になりますように! 神さま、皆さま、よろしくお願い致します!!

ペトロとほかの使徒たちは答えた。「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。」
-使徒言行録5章29節-

神のいつくしみの大海に溺れた友が、ここにも103.png

[PR]
by hild_yam | 2018-04-12 12:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

歌い継がれた聖歌たち♪

a0142083_08114067.jpg軽井沢教会音楽の日で皆さんにご覧頂くために、1915年版「公教聖歌集」、1922年版「日本聖詠」伴奏譜、カトリック教会初の全国統一聖歌集1933年版「公教聖歌集」など、貴重な実物をお借りする事が出来ました。現在に至るまで歌い継がれている、聖歌も沢山入っています。

1873(明6)年にキリシタン禁制の高札が撤去されてから100年以上の間、激動の時代を超えて、わが国で歌い続けられた聖歌の歴史を知り、ミサやお祈りの中で御一緒に歌うって、ワクワクしませんか126.png
御参加のお申し込み、絶賛受付中162.png 日帰り参加も歓迎です。

貴重な資料の館外貸出を特別に許可して下さった聖グレゴリオの家所長の橋本先生と、丁寧に手続きを準備して下さった資料室司書の杉本先生に心よりお礼申し上げます。多くの教会音楽奉仕者の皆様に、お役立て出来るよう頑張ります166.png

さて、陸に上がってみると、炭火がおこしてあった。その上に魚がのせてあり、パンもあった。
-ヨハネによる福音書21章10節-

炭火は燔祭を思い起こさせ、153匹は当時の長老の数で、わたしたち一人一人の贖いのために十字架上に捧げられたイエス様の体、御聖体に通じる記述だそうです112.png (今朝のミサ説教より)

ノヴェナは八日目。「今日、煉獄に閉じ込められている霊魂たちをわたしのもとに連れて来て、わたしの慈しみの深淵に浸しなさい。わたしの血の奔流によって彼らの灼熱の炎を冷ましなさい。これらの霊魂を皆、わたしは深く愛している。彼らはわたしの正義に対して償いをしている。彼らに軽減をもたらす力があなたにある。わたしの教会の宝庫からすべての免償を引き出し、それを彼らのために捧げなさい・・・。ああ、彼らが苦しんでいる激しい苦痛を知りさえすれば、あなたは、霊的な施しを絶えず彼らのために捧げ、わたしの正義に対して彼らの負債を支払うだろう。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」1226)
「いと慈しみ深いイエス、あなたは御自ら、慈しみを望むと言われました。ですからわたしは、煉獄の霊魂たち、あなたにとって大そう愛しい霊魂たち、しかし、あなたの正義に対して償いをしなければならない霊魂たちを、あなたのいと憐れみ深い御心の住まいに連れて来ます。あなたの御心からほとばしり出た血と水の流れが、煉獄でもあなたの慈しみの力がたたえられるようになるため、清めの火の炎を消しますように」(同1227より)

[PR]
by hild_yam | 2018-04-06 09:35 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ヨブ記の黙想

また、雪ですね・・・。↓こちらはドイツで、昔の写真です(念のため)。
a0142083_10384428.jpg

事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、
試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。
-ヘブライ人への手紙2章18節-

アルファ効果か?!ブログの御訪問者数が倍増(三倍増!)147.png この機に乗じて、宣伝を一席110.png

3月25日(日)午後2時から、カトリック北浦和教会聖堂にて、入場無料。
P.エーベン作曲 オルガン組曲「ヨブ」全曲 (ようやく、全曲制覇しましたぁ~105.png)
ヨブ記の朗読とオルガン演奏、この作品のために原田陽子さんが制作して下さった画像の映写もあります。

聖週間の黙想に、ぜひお越し下さいませ169.png
a0142083_11054446.jpga0142083_11060231.jpg




この辺は、こんな感じ→

[PR]
by hild_yam | 2018-02-02 11:13 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

晩秋の訪れ

晩秋と言うよりは、真冬の寒さですが、、美しく色付いた欅並木をミニドライブして、母校(?)のような学び舎で資料室を訪れました174.png
a0142083_10335969.jpga0142083_10341159.jpg
予想(HPで確認した)以上に豊かな資料たちを手にし、ドキドキわくわく169.png
a0142083_10424980.jpg

1918(大7)年に発行された「公教会聖歌集」には、編纂した修道士さんの故郷ドイツのフルダにある修道院の蔵書印が。平仮名の歌詞にハルモニスタ用数字が付いたもの。
a0142083_10534236.jpg








←1933(昭8)年版「公教聖歌集」は、日本のカトリック教会における最初の統一聖歌集。信仰の先輩方を感じます。
グレゴリオ聖歌の楽譜(と言っても、最初は歌詞のみ)は、1878(明11)年出版「きりしたんのうたひ」にもあるが、これは大正末期から昭和初期のもの↓
a0142083_11212123.jpga0142083_11250269.jpg
東京で発行されたものは、五線譜↑。長崎版は、四線譜↓。
a0142083_11300263.jpga0142083_11292788.jpg
何百年もの間、世界中で歌い継がれた賛美に出会い、ドキドキクラクラ。。来年5月に新緑の軽井沢で、これらの賛美も共に体験したいと思います。ぜひご一緒しましょう。

わたしの魂よ、主をたたえよ。主の御計らいを何ひとつ忘れてはならない。
-詩編103編2節-

[PR]
by hild_yam | 2017-11-23 11:42 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31