人気ブログランキング |

愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

2019年 04月 05日 ( 1 )

ピエタ

a0142083_09321437.jpgその後、イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセフが、イエスの遺体を取り降ろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトが許したので、ヨセフは行って遺体を取り降ろした。
-ヨハネによる福音書19章38節-

第13留 キリストは十字架からおろされる
先 刑吏のひとりが槍でキリストのわき腹を突き刺し、キリストの死をたしかめます。アリマタヤのヨセフはピラトに願って、キリストのからだを十字架からとりおろします。
皆 主イエス・キリスト、母マリアと弟子たちは、十字架からおろされた あなたのからだを受け取りました。あなたを受け入れることができるように、わたしの心を開いてください。(「十字架の道行」の祈りより)

「弟子たちが見守る中、激しく傷ついた体は十字架から取り降ろされる。綱に支えられて、遺体がゆっくり降りてくる。」
途切れることなく流れる花飾りが、8’フルートの三連符によって奏でられる。そこに、救済のテーマが響く。やがて動きが静まり、処女(おとめ)のテーマでこの留が終わる。ピエタのイメージが、感動的な旋律で作曲されている。(M.デュプレ「十字架の道行」解説より)

by hild_yam | 2019-04-05 12:42 | 十字架の道行 | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31