愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

2018年 03月 09日 ( 1 )

愛する者

a0142083_09393732.jpg昼の十二時になると、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。三時にイエスは大声で叫ばれた。「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。そばに居合わせた人々のうちには、これを聞いて、「そら、エリヤを呼んでいる」と言う者がいた。ある者が走り寄り、海綿に酸いぶどう酒を含ませて葦の棒に付け、「待て、エリヤが彼を降ろしに来るかどうか、見ていよう」と言いながら、イエスに飲ませようとした。しかし、イエスは大声を出して息を引き取られた。すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「本当に、この人は神の子だった」と言った。また、婦人たちも遠くから見守っていた。
-マルコによる福音書15章33-40節-

第12留 イエスは十字架上で息を引き取る

イエスは息を引き取る。様々なしるしが与えられ、様々な思いを抱く人々。信じる者、疑う者、愛する者、嫌悪する者・・・。今も、神は様々なしるしを与えられる。そして、人々は様々な思いを抱く。神が人に委ねられた「自由意思」の前に、おののく。「わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために 彼らの罪を自ら負った。」(イザヤ書53章11節)主よ、いつも愛する者であり続けることが出来ますように。

[PR]
by hild_yam | 2018-03-09 10:35 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー