愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

イエスの愛♡

a0142083_11203863.jpg「私は迷える羊であり、主はよい牧者である。主は愛をもって苦労して私の足跡を追い、私を探しだし、千回も私をなでて、肩にのせ、喜んで牧舎に連れ戻った。私はエリコへの途上で盗賊におそわれ、殴られ、傷つけられ、裸にされて、半殺しの目にあった不幸な男であり、主はよきサマリア人で、私を起こしてぶどう酒を傷口に注いでくれた。・・・私は主を裏切った不忠実な弟子であり、主を見捨てた生意気な男であり、主をあざけり、つばを吐きかけた卑怯者であり、主に茨の冠をかぶせ、むち打ち、十字架を負わせ、その苦しみをあざ笑い、頬をなぐりつけ、胆汁と酢を無理に飲ませ、とうとう槍先で主の心臓を突き刺した残酷な男である。・・・主はわが優しきイエスであり、私を友と呼び、愛のまなざしで罪人である私を見つめ、主を呪ったときさえ私を祝福してくれた柔和な神の小羊である。十字架上でも私のために祈り、突き刺された心臓からおん血を流して私の罪の汚れを洗い、清めてくれた。また私のために死んで、私を死の手からかばい、死に勝利することによって、私にいのちを与え、天国の扉を開いてくれた。おおイエスの愛よ!この愛はついに勝利を収め、しかも私は、わが師・友・淨配・父である主とともにあり、その心の内にある。主よ、これからは私に何をお望みですか。悪の道を歩む私を、主はその神聖な光でさえぎられた。ダマスコへ向かう聖パウロのように私はたずねる、『主よ、どうしたらよいでしょうか』(使徒22・10)」(「ヨハネ二十三世 魂の日記」191、192より)

エフライムの腕を支えて 歩くことを教えたのは、わたしだ。
しかし、わたしが彼らをいやしたことを 彼らは知らなかった。
-ホセア書11章3節-

[PR]
by hild_yam | 2018-06-08 12:01 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hildy.exblog.jp/tb/238569216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30