愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

冤罪

a0142083_12423268.jpg夜が明けるとすぐ、祭司長たちは、長老や律法学者たちと共に、つまり最高法院全体で相談した後、イエスを縛って引いて行き、ピラトに渡した。ピラトがイエスに、「お前がユダヤ人の王なのか」と尋問すると、イエスは、「それは、あなたが言っていることです」と答えられた。そこで祭司長たちが、いろいろとイエスを訴えた。ピラトが再び尋問した。「何も答えないのか。彼らがあのようにお前を訴えているのに。」しかし、イエスがもはや何もお答えにならなかったので、ピラトは不思議に思った。
-マルコによる福音書15章1-5節-

第1留 イエスは死刑の宣告を受ける

ピラトはイエスに何の罪も見出せなかったのに、人々の要求に従って死刑の判決を下す。主よ、あなたはこのようにして、あらゆる冤罪に苦しむ人々に寄り添って下さいます。牢獄で、社会の中で、教会で、今もあなたは苦しむ人とともに苦しんでおられます。どうか主よ、舌で兄弟を殺す人々の罪をお許し下さい。間違った判決を下す指導者の弱さを憐れんで下さい。そして、このような罪から守り、あなたのように黙する力を私にお与え下さい。
[PR]
# by hild_yam | 2017-03-02 00:40 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

灰の水曜日

a0142083_11571284.jpg今日は、灰の水曜日。四旬節の始まり、主イエスの受難を思い、復活祭を迎える心の準備をする季節です。
今年は、こちらの教会の道行を御一緒に歩ませて頂きます。罪なき方であるのに罪人とされ、裁かれ、罵られ、鞭打たれた主イエスの苦しみに、私たちを同伴させて下さる神の御導きが、賛美されますように!
a0142083_1285331.jpg




あなたは人を塵に返し
「人の子よ、帰れ」と仰せになります。

-詩編90編3節-
[PR]
# by hild_yam | 2017-03-01 12:12 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

小鳥たち♪

a0142083_101091.jpg
←昨日のアルファにやって来た小鳥たちは、こんな感じ。
マンション駐車場で歌う鳥は、こちら↓
a0142083_1025353.jpg






だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。
-ローマの信徒への手紙14章19節-
[PR]
# by hild_yam | 2017-02-27 10:06 | アルファ | Trackback | Comments(0)

CDできました♪

a0142083_11131410.jpg
←教会の河津桜も八分咲きemoticon-0142-happy.gif 小鳥さんが訪れています。
手間取りましたが、クリスマスコンサートCDが出来ましたemoticon-0159-music.gif 出演者に差し上げる盤面印刷のみのバージョンとジャケット&歌詞対訳付の贈答用(?)の二種類で、さらに善い業を行えないか画策中です↓
a0142083_11185137.jpg



なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。
-エフェソの信徒への手紙2章10節-
[PR]
# by hild_yam | 2017-02-25 11:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

小さな恵み

a0142083_11245389.jpg←昨日のホワイトボードは、こんな感じ。小鳥たちが可愛いemoticon-0142-happy.gif
残り物をいただいて、山盛りキャベツと手作りタルタルソース、デザートで、朝食が恵まれたemoticon-0105-wink.gif
a0142083_11291972.jpg






わたしたちは、世の霊ではなく、神からの霊を受けました。それでわたしたちは、神から恵みとして与えられたものを知るようになったのです。
-コリントの信徒への手紙Ⅰ 2章12節-
[PR]
# by hild_yam | 2017-02-20 11:34 | アルファ | Trackback | Comments(0)

心の貧しい人って・・・?

a0142083_10164627.jpg
心の貧しい人々は、幸いである、
  天の国はその人たちのものである。

-マタイによる福音書5章3節―

「心の貧しい人が幸いって、分かりにくいよねぇ」「もっと分かり易く訳してもらえないものか」・・・アルファ仲間達の会話に触発されて、ちょっと調べてみた。

最初に挙げた新共同訳の前身である共同訳、日本語の品位が乏しいとの批判もあったが、入門したての私は分かり易さに感動した記憶がある。
「ただ神により頼む人々は、幸いだ。天の国はその人たちのものだから。」

「この翻訳に助けられた」と東北の知人から贈られた山浦玄嗣氏の気仙語訳は、
「頼りなく、望みなく、心細い人は幸せだ。神さまの懐にシッカリと抱かれるのはその人たちだ。」

手元にあるフランシスコ会訳(旧品)では、「自分の貧しさを知る人は幸いである、」
注に「直訳では『霊において貧しい人』。」とある。

バルバロ訳は「心の貧しい人」だが、注に「物質的にも貧しく、精神的にも金銭の富を求めない人」と。

言いたい事は分かる気もするが、この人たちはみんな同じ種類の人々なのでしょうかemoticon-0114-dull.gif 翻訳は解釈でもあります。。小鳥たちが賑やかにさえずる夕刻です。
[PR]
# by hild_yam | 2017-02-16 10:49 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)

最近のことなど

a0142083_2041552.jpg
←日曜日のホワイトボードは、こんな感じ。ちょっと寒そうな・・・
聖ヒルデガルトのお茶をバレンタインにいただいた。スパイスたっふりで、心身ともに元気になりそうemoticon-0142-happy.gif 自家製オレンジケーキとの相性もぴったり↓
a0142083_2075981.jpg



わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。
-エフェソの信徒への手紙2章10節-
[PR]
# by hild_yam | 2017-02-15 20:14 | アルファ | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー