愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

信頼

a0142083_2150165.jpg第12留 イエスは十字架上で息を引き取る

わたしの神よ、わたしの神よ
なぜわたしをお見捨てになるのか。

-詩編22章2節-

イエスの死。この世の支配者、王となるイエスに期待をかけて、つき従って来た者達の絶望。しかし、この時にこそ、すべてが始まるのだ。
この世の出来事に絶望しそうな時、すべての出来事の向こうにある、私たちの思いを超えた神のご計画に、信頼することが出来ますように。
[PR]
# by hild_yam | 2010-03-15 22:02 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

よき日☆

母校でのロケと聞いて、映画「おとうと」を見た。スクリーンに映された、あの教室で学んだ友と。ン十年来の親友と過ごす時間に、ほっと安らぐ。劇中「みどりのいえ」のモデルは山谷「きぼうのいえ」だと、カトリック新聞にあった。大切なものを思い出させてくれる映画。穏やかな春のよき一日。
a0142083_21532088.jpga0142083_21533959.jpga0142083_21535710.jpg




桃も満開☆

a0142083_21541264.jpg
忍耐した人たちは幸せだと、わたしたちは思います。あなたがたは、ヨブの忍耐について聞き、主が最後にどのようにしてくださったかを知っています。主は慈しみ深く、憐れみに満ちた方だからです。
-ヤコブの手紙5章11節-
[PR]
# by hild_yam | 2010-03-13 22:22 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

a0142083_22574194.jpg第11留 イエスは十字架に釘づけられる

「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。

-ルカによる福音書23章33節-

イエスの手に、足に打ち込まれる太い釘。全身に激痛が走る。
釘は、私の無理解、私の高慢、自己中心、、、あぁ、主の御体を傷つけ、痛めることのないように、柔和、謙遜な心をお与えください。
[PR]
# by hild_yam | 2010-03-12 23:17 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

委ねる

a0142083_12145355.jpg第10留 イエスは衣を剥がれる

兵士たちは、イエスを十字架につけてから、その服を取り、四つに分け、各自に一つずつ渡るようにした。下着も取ってみたが、それには縫い目がなく、上から下まで一枚織りであった。

-ヨハネによる福音書19章23節-

イエスよ、あなたはすべてを剥ぎ取られ、ご自分を渡されました。
人生のカルワリオで、心の傷を蔽っている衣服を剥ぎ取られる時、御父に信頼し、すべてを渡すことができますように。私のプライド、私の好み、私の計画、私の経験、等々を、あなたの御手に委ねることができますように。
[PR]
# by hild_yam | 2010-03-11 12:29 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

お祈り

a0142083_23441094.jpg皆様、「神のいつくしみの泉へ」のために、沢山のお祈りをありがとうございました。
皆様のお祈りとご協力のお蔭で、無事録音は終了しましたが、しかし、、編集はまだまだ大変そう008.gif皆様のお手元に無事CDが届くまで、今しばらくお祈りを続けていただきたく、よろしくお願いしますm(_ _)m

主よ、あなたの道をわたしに示し
あなたに従う道を教えてください。

-詩編25編4節-
[PR]
# by hild_yam | 2010-03-10 23:53 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

処刑場へ

a0142083_813384.jpg第9留 イエス、三たび倒れる

「足がよろめく」とわたしが言ったとき
主よ、あなたの慈しみが支えてくれました。

-詩編94章18節-

イエスは倒れる、何度も、何度も。そしてまた立ち上がり、十字架の道を歩き続ける。ゴルゴタへ、処刑場へと。
主よ、私たちも歩き続けることが出来ますように。自分に死に、あなたと出会うゴルゴタへ、処刑場へと。
[PR]
# by hild_yam | 2010-03-09 08:21 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

共感

a0142083_11101464.jpg第8留 イエスはエルサレムの婦人たちを慰める

民衆と嘆き悲しむ婦人たちが大きな群れを成して、イエスに従った。

-ルカによる福音書23章27節-

主よ、あなたと共に歩み、従って来た婦人たちは、あなたを失い、たったひとりで世の荒波を生きて行かねばならないのですか。
いいえ。あなたは、真理の霊を送り導く、と約束されました。
この世の旅路を歩む時、私と共に十字架を担い、歩んでおられる、あなたの姿に気づくことができますように。

るみぃさんガビィさん凶暴さんも、土曜日の記事を書いてくださいました♪)
[PR]
# by hild_yam | 2010-03-08 11:17 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28