愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

信じるなら、

a0142083_11553934.jpgイエスは、「もし信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか」と言われた。
-ヨハネによる福音書11章40節-
a0142083_12135357.jpg
第15留 復活
今年も、十字架の道行にお付き合い下さり、ありがとうございました。
恵みに満ちた聖週間をお迎え下さいますように!

a0142083_1225880.jpg←羽幌教会のマリア様です。
a0142083_12185399.jpg
a0142083_1265832.jpg

[PR]
# by hild_yam | 2017-04-06 08:53 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

御業(みわざ)

a0142083_1122129.jpgヨセフはイエスの遺体を受け取ると、きれいな亜麻布に包み、岩に掘った自分の新しい墓の中に納め、墓の入り口には大きな石を転がしておいて立ち去った。マグダラのマリアともう一人のマリアとはそこに残り、墓の方を向いて座っていた。
-マルコによる福音書15章46・47節-

第14留 イエスは墓に葬られる

墓が閉じられ、人々は立ち去った。もう本当に、すべてが終わったように見える。そんな真っ暗闇の中に、神の御業は現われる。人には想像すら出来ない、偉大な業。今でも主は、このように働かれる。人の力と希望がすべて失われる時、神の御業が現われる。それは砕かれた心で主に信頼する、私たちの多くが経験すること。そして、恐れることなく、主を賛美する者へと変えられる。
主よ、あなたの偉大な御業が世々にいたるまで、ほめたたえられますように。
[PR]
# by hild_yam | 2017-04-05 09:23 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

御胸に抱き、

a0142083_10314576.jpgその後、イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセフが、イエスの遺体を取り降ろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトが許したので、ヨセフは行って遺体を取り降ろした。
-ヨハネによる福音書19章38節-

第13留
イエスは十字架から降ろされ、マリアの胸に抱かれる


イエスの遺体が取り降ろされる。激しく傷つき、痛み、冷たくなったイエスの体が、母マリアの胸に抱かれる。私たちの母マリアは今も、傷つき痛んだキリストの体である教会を御胸に抱きしめて下さる。母マリアさま、冷たくなってしまった私の心を抱き、温めて下さい。主への愛、隣人への愛に、燃え立たせて下さい。
[PR]
# by hild_yam | 2017-04-04 09:45 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

希望が見えない時

a0142083_933060.jpg既に昼の十二時ごろであった。全地は暗くなり、それが三時まで続いた。太陽は光を失っていた。神殿の垂れ幕が真ん中から裂けた。イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。百人隊長はこの出来事を見て、「本当に、この人は正しい人だった」と言って、神を賛美した。見物に集まっていた群衆も皆、これらの出来事を見て、胸を打ちながら帰って行った。イエスを知っていたすべての人たちと、ガリラヤから従って来た婦人たちとは遠くに立って、これらのことを見ていた。
-ルカによる福音書23章44-49節-

第12留 イエスは十字架上で息を引き取る

一連の騒ぎが、終わった。イエスは死んだから。「やれやれ、これでひと安心」と考えた人達もいる。でも、これは終わりではなく、始まり。すべてを捨ててイエスに従って来た人々は、呆然と立ち尽くす。イエスと共に歩んだ歳月、人生の希望、喜びのすべてが、終わった。目の前の出来事を受け止められず、希望が見えない時にも、神の御計画と御業に信頼し続けることが出来ますように、主よ、私があなたから離れ去る事を決してお許しになりませんように。
[PR]
# by hild_yam | 2017-04-03 10:14 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

夜明け前の・・・

果樹の花の向こうに、五分咲きの桜(写真左)。花を撮る姉妹を見つめるイエス様(写真右)。
昨日はアルファカンファレンスで、素晴らしいミニストリーと学び、全国から集った兄弟姉妹方との分かち合いに恵まれた。今日は発声講習会で、美しい音楽と良き人々に恵まれた。感謝!感謝!!
a0142083_8374786.jpga0142083_8401587.jpg
でも、心はまだ四旬節。
信仰も音楽も、もっと一体になれるはず。。
夜明け前の深い闇、だと良いのだが。

二人が、「一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。
-ルカによる福音書24章29節-
[PR]
# by hild_yam | 2017-04-02 22:29 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

a0142083_8441253.jpg「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」
―ルカによる福音書23章33・34節―

第11留 イエスは十字架に釘づけられる

イエスの手に、足に、太い釘が打ち込まれる。振り下ろされるハンマーの音。全身に、激痛が走る。その釘は、私の罪、私の愚かさ。主よ、私をお赦しください。誰かの言葉や行ないに、私が傷つき、傷む時には、主よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているか、分からないのです。
[PR]
# by hild_yam | 2017-03-31 08:43 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)

奪う

a0142083_1047680.jpgそこで、「これは裂かないで、だれのものになるか、くじ引きで決めよう」と話し合った。それは、
「彼らはわたしの服を分け合い、
わたしの衣服のことでくじを引いた」
という聖書の言葉が実現するためであった。兵士たちはこのとおりにしたのである。

―ヨハネによる福音書19章24節―

第10留 イエスは衣を剥がれる

兵士たちは、イエスの衣を剥ぎ取る。上着も下着も奪い取って、分け合う。主よ、私があなたの衣を奪い取ることのないように、貧しい人々の中におられるあなたから、何も奪い取ることのないように、あなたの悲しい眼差しに気づかせて下さい。
[PR]
# by hild_yam | 2017-03-30 10:45 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31