愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小鳥たち♪

a0142083_101091.jpg
←昨日のアルファにやって来た小鳥たちは、こんな感じ。
マンション駐車場で歌う鳥は、こちら↓
a0142083_1025353.jpg






だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。
-ローマの信徒への手紙14章19節-
[PR]
by hild_yam | 2017-02-27 10:06 | アルファ | Trackback | Comments(0)

CDできました♪

a0142083_11131410.jpg
←教会の河津桜も八分咲き043.gif 小鳥さんが訪れています。
手間取りましたが、クリスマスコンサートCDが出来ました060.gif 出演者に差し上げる盤面印刷のみのバージョンとジャケット&歌詞対訳付の贈答用(?)の二種類で、さらに善い業を行えないか画策中です↓
a0142083_11185137.jpg



なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。
-エフェソの信徒への手紙2章10節-
[PR]
by hild_yam | 2017-02-25 11:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

小さな恵み

a0142083_11245389.jpg←昨日のホワイトボードは、こんな感じ。小鳥たちが可愛い043.gif
残り物をいただいて、山盛りキャベツと手作りタルタルソース、デザートで、朝食が恵まれた006.gif
a0142083_11291972.jpg






わたしたちは、世の霊ではなく、神からの霊を受けました。それでわたしたちは、神から恵みとして与えられたものを知るようになったのです。
-コリントの信徒への手紙Ⅰ 2章12節-
[PR]
by hild_yam | 2017-02-20 11:34 | アルファ | Trackback | Comments(0)

心の貧しい人って・・・?

a0142083_10164627.jpg
心の貧しい人々は、幸いである、
  天の国はその人たちのものである。

-マタイによる福音書5章3節―

「心の貧しい人が幸いって、分かりにくいよねぇ」「もっと分かり易く訳してもらえないものか」・・・アルファ仲間達の会話に触発されて、ちょっと調べてみた。

最初に挙げた新共同訳の前身である共同訳、日本語の品位が乏しいとの批判もあったが、入門したての私は分かり易さに感動した記憶がある。
「ただ神により頼む人々は、幸いだ。天の国はその人たちのものだから。」

「この翻訳に助けられた」と東北の知人から贈られた山浦玄嗣氏の気仙語訳は、
「頼りなく、望みなく、心細い人は幸せだ。神さまの懐にシッカリと抱かれるのはその人たちだ。」

手元にあるフランシスコ会訳(旧品)では、「自分の貧しさを知る人は幸いである、」
注に「直訳では『霊において貧しい人』。」とある。

バルバロ訳は「心の貧しい人」だが、注に「物質的にも貧しく、精神的にも金銭の富を求めない人」と。

言いたい事は分かる気もするが、この人たちはみんな同じ種類の人々なのでしょうか015.gif 翻訳は解釈でもあります。。小鳥たちが賑やかにさえずる夕刻です。
[PR]
by hild_yam | 2017-02-16 10:49 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)

最近のことなど

a0142083_2041552.jpg
←日曜日のホワイトボードは、こんな感じ。ちょっと寒そうな・・・
聖ヒルデガルトのお茶をバレンタインにいただいた。スパイスたっふりで、心身ともに元気になりそう043.gif 自家製オレンジケーキとの相性もぴったり↓
a0142083_2075981.jpg



わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。
-エフェソの信徒への手紙2章10節-
[PR]
by hild_yam | 2017-02-15 20:14 | アルファ | Trackback | Comments(0)

火山&開花速報☆

a0142083_21324564.jpg
←本日の浅間山は、こんな感じ。
北浦和でも、河津桜が綻び始めました↓
a0142083_21342432.jpg






実際、神はわたしたち一人一人から遠く離れてはおられません。
-使徒言行録17章27節-
[PR]
by hild_yam | 2017-02-11 21:38 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

大掃除

a0142083_12364339.jpg暮れに頓挫した大掃除に、ようやく決着をつけた015.gif 今年も既に1ヵ月が過ぎ、新たな日々への恐れや不安も。。主への信頼、委ねる事の、なんと足りない事か!と驚きつつ、経験によって培われた正当な理由がある事にも気づく。その一つひとつを主に明け渡し、赦し、祝福を祈り、心の中も大掃除001.gif

御前にわたしの悩みを注ぎ出し
御前に苦しみを訴えよう。

-詩編142編3節-
[PR]
by hild_yam | 2017-02-08 12:50 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

典礼と音楽など

a0142083_10142038.jpg典礼と音楽について、示唆に富む一文に出会った。長めだが、自分のためのメモとして引用しておく。

「牧師をしていると、次のような感想を聞くことがあります。『今日の礼拝はとても良かったです。得るものがたくさんありました』。しかし、このような発言も礼拝に対する誤解から来ています。礼拝は、自分ではなく神のためにささげるものです。自分の満足ではなく、神に喜んでいただくことが目的なのです。・・・もちろん、毎週の『主日礼拝』にも、交わり、教育、伝道などの要素が含まれていますし、礼拝を通して受ける恵みというのも確かにあるでしょう。しかし、私たちが礼拝をするのは、自分を喜ばせるためではありません。私たちの動機は、創造主に栄光と喜びをもたらすことなのです。」

「クリスチャンの間では、礼拝音楽をめぐって意見が分かれることがあり、自分の好きな音楽こそ最も聖書的で神の栄光にふさわしいと言ってゆずらない人もいますが、聖書的でない音楽というのはありません。聖書に楽譜は載っていませんし、今の私たちは聖書時代の楽器さえ持っていないのです。

率直に言えば、あなたの好きな音楽というのは、神よりもあなた自身について、つまり、あなたの音楽的背景や性格を物語っているのです。ある民族の音楽は、他の人々にとっては単なる騒音にすぎないかもしれません。しかし、神は多様性を好み、すべての音楽を愛されるのです。

『クリスチャン音楽』のようなものは存在しません。ただ、クリスチャンの歌詞があるだけです。歌を神聖にするのは歌詞であってメロディではありません。『霊的な旋律』というのも存在しません。ある曲を聞いても、歌詞がなければそれが『クリスチャンの歌』かどうかは分からないのです。」

「霊とまことによってささげられているなら、それは礼拝なのです。」
(以上、リック・ウォレン著「人生を導く5つの目的」より)

カトリック教会では、聖体祭儀を「人間にあがないをもたらし、神に完全な栄光を帰するこのみわざ」(典礼憲章5)と呼んでいる。いずれにしても、音楽の好みをゴチャゴチャ言うなど、神は喜んでおられないのではないか。。。

主は言われた。
「この民は、口でわたしに近づき 唇でわたしを敬うが 心はわたしから遠く離れている。
彼らがわたしを畏れ敬うとしても それは人間の戒めを覚え込んだからだ。
それゆえ、見よ、わたしは再び 驚くべき業を重ねて、この民を驚かす。
賢者の知恵は滅び 聡明な者の分別は隠される。」

-イザヤ書29章13・14節-

明日は、今年最初の発声講習会です060.gif 初めての方にも、参加し易い会になると思います。
[PR]
by hild_yam | 2017-02-04 11:13 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ゆっくり。。。

a0142083_1203293.jpg
忙し過ぎる日々を終えて、祈りの時間の中で、ゆっくり、一歩ずつ、主が、日々を整えて下さっているような気がする001.gif

「教えてください、主よ、わたしの行く末を
わたしの生涯はどれ程のものか
いかにわたしがはかないものか、悟るように。」

-詩編39編5節-
[PR]
by hild_yam | 2017-02-02 12:04 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31