愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いただきもの

凶暴さんから賞品をいただきましたぁ~060.gif功労者って?!パーティーにお邪魔して、記事をTBしただけで・・・申し訳ないような。
a0142083_2241814.jpga0142083_2244527.jpga0142083_225108.jpg
チョコとチーズのケーキ、美味しそう043.gifところで、冷凍保存15℃以下って@@??
こちらは、別の方にいただいたクッキー。スキー客で混み合う新幹線を避けて、帰りは在来線でまったりと。
a0142083_22272979.jpga0142083_22275167.jpgやはり音楽家は、王侯貴族、中産階級等々、お金持ちに気に入っていただいてナンボの職業かと。

歌え、神に向かって歌え。
歌え、我らの王に向かって歌え。

-詩編47編7節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-30 22:54 | 美味しいものたち | Trackback | Comments(8)

冬来りなば、、

a0142083_2215890.jpg「冬来りなば、春遠からじ」と申しますが、ぽっかりと浮かんだ雲が「春遠からじですよぉ~!」と言っているような気がした。今日はお休み・・のはずが葬儀になった。次の金曜まで休日ないけど・・・まっいいか。

どうか、わたしの口の言葉が御旨にかない
心の思いが御前に置かれますように。
主よ、わたしの岩、わたしの贖い主よ。

-詩編19編15節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-28 22:11 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

命までは・・・

a0142083_22143949.jpg宗教改革の時代には、絵画や彫像だけでなく、オルガンの名器も沢山破壊されたらしい。「オルガンを壊すなら、その前に私の屍を越えて行け~っ」と楽器の前に立ちはだかって、殺されたオルガニストもいるとか・・・現代の我々は、多少いざこざがあっても命までは取られないから、感謝である。

神の御言葉を賛美します。
神に依り頼めば恐れはありません。

-詩編56編5節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-26 22:17 | 思ったことなど | Trackback | Comments(1)

ブランチ

a0142083_12512535.jpgキリスト教一致祈祷週間は今日まで・・と思ったが、ノベナは明日まで034.gif
ロザリオの祈りを通して、私自身が沢山の恵みと示しをいただきました。感謝です。断食も出来ていたら、さらに恵みが大きかったかも、、残念。
陽だまりでブランチできる季節063.gif

どうか、シオンをあなたへの賛美の歌で
               満たしてください。

-シラ書36章19節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-25 13:10 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(2)

いずれにしても、

a0142083_11355434.jpgいずれにしても、霊の戦いには、忍耐強い祈りが沢山必要と思われる。聖霊の神殿である私達ひとり一人に、平和と喜びがありますように、アーメン。

慈しみを示してください。
   あなたの聖所がある町に、
あなたが安息の場所とされたエルサレムに。

-シラ書36章18節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-24 11:41 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)

恵みの日

a0142083_22173063.jpg

恵みの日に、感謝。力あるお祈りに、感謝。

それは、あなたがたが人の知恵によってではなく、神の力によって信じるようになるためでした。
-コリントの信徒への手紙Ⅰ 2章5節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-23 22:13 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(0)

ミサの前奏・後奏について

a0142083_23195669.jpgミサのオルガン後奏を弾くなとか、毎週ちゃんと弾いてくれとか、御意見殺到?!で対応に追われた。他の教会でも、この問題に悩んでいる方があるようなので、御参考までに調べたことを記す。

第二バチカン公会議(1962年~1965年)の典礼憲章には、次のようにある。「パイプオルガンは、その音色が、教会の祭式に、くしき輝きを添え、心を神と天上のものへ高く揚げる伝統的楽器として、ラテン教会において大いに尊重されなければならない。」(120)
さらに、礼部聖省 典礼音楽に関する指針(1967年3月5日)」には、「楽器の独奏は最初、すなわち司祭が祭壇に向かう前、奉納のとき、聖体拝領のとき、そしてミサの終わりに行なうことができる。」(65)と定められている。(但し、待降節、四旬節、聖三日、死者のためのミサに関する除外規定あり。)
後者の最後に「教皇パウロ6世は1967年2月9日、本聖省長官アルカディオ・ララオーナ枢機卿に与えられた謁見において、この指針を認可し、使徒の権限によって確認し、公表を命じ、1967年5月14日、聖霊降臨の主日より有効となることを定めた。これに対するいかなる反対も、少しも妨げになることはない。」とあるのを見ると、一般的には、一個人や小教区が「弾くな」と言うべき性格のものではないように思われる。

尚、待降節、四旬節、等々の独奏禁止に関する例外は、聖音楽と聖典礼とに関する礼部聖省の訓令(1956年9月3日)83の例外規定が参考になろう。すなわち「守るべき祝日、休日、またその地の主な守護の聖人の祝日、教会の名称及び献堂式の記念日、修道会の名称あるいは創立者の祝日、あるいは他の大いなる祝祭が行われる場合」「聖歌を助けるための独奏」等である。

ところで、この訓令には次のような規定もある。「聖典礼の本質、神聖さ、おごそかさを考えれば、いかなる楽器を使用するにも、本来、できるだけ完全でなければならない。それだから、楽器の演奏は、これをふさわしくないやり方で演奏するよりも、全くこれをよした方がましである。」(60)「聖音楽に参加するすべての人々、すなわち作曲者、オルガン演奏者、合唱指導者、歌手、あるいは楽器演奏者は、わけても、直接あるいは間接に聖典礼に参与する者であるのだから、キリスト教的生活の模範において、他の信者にまさっていなければならない。」(97)

お互いに、がんばりましょう060.gif

神は、全地の王 ほめ歌をうたって、告げ知らせよ。
-詩編47章8節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-22 23:18 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

既に、、

a0142083_2353493.jpg既に、花屋の店先は春爛漫。

彼らもわたしたちの内にいるようにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります。
-ヨハネによる福音書17章21節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-21 23:11 | 美しいものたち | Trackback | Comments(0)

春の兆し

a0142083_11325849.jpg厳しい寒さの中にも、春の兆しが058.gif(写真は、ジャスミンの花芽です。)

それで使徒たちは、イエスの名のために辱めを受けるほどの者にされたことを喜び、最高法院から出て行き、毎日、神殿の境内や家々で絶えず教え、メシア・イエスについて福音を告げ知らせていた。
-使徒言行録5章41・42節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-20 11:41 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

悲しみを取り去るには、、

a0142083_11191290.jpg「悲しみを取り去るにはどうしたらいいのでしょうか。
祈りなさい。でも、なぜ祈るのですかって?祈っていれば主に会えるからです。ちょうど、マグダラのマリアが主の御遺体を探していたときに、主にお会いしたように。」(グエン・ヴァン・トゥアン著「希望の道 牢獄からの福音」より)

マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。
-ヨハネによる福音書20章13・14節-
[PR]
by hild_yam | 2011-01-19 11:34 | 神さま、大好き! | Trackback | Comments(4)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー