愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:思ったことなど( 178 )

何もない日々に、感想など

a0142083_12303224.jpg何もない日々は、他人様のブログリンクで・・・
パパ様の説教を毎日、日本語で読めるのは有難い。愛と信仰、熱意が伝わる素敵な翻訳ですね043.gif ありがとうございます。
2月3日のダビデ王の三つの態度は、日々生活の中で、思い起こしたいものだと思う。
1.神やわたしたちが属しているものと取引しない(自己防衛に利用しない)
2.償いを受け入れて自分の過ちについて泣く
3.自分の手で裁きを下さず、神に信頼する
「大変な罪人であり、大変な聖人」であるダビデ王は、ペトロやパウロを思い起させる。これは、クリスチャンの本質ではなかろうか。自分が罪人であることを知っている。それにもかかわらず愛して下さる、神の大いなる愛に触れられて、この神にすっかり信頼しようと決心するのである。

主がわたしの苦しみを御覧になり、今日の彼の呪いに代えて幸いを返してくださるかもしれない。
-サムエル記下16章12節-
[PR]
by hild_yam | 2014-02-08 13:01 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

指導と支配

a0142083_22592332.jpg「指導」と「支配」の境目は、微妙だ。
職場責任者は管理、指導を職務とするが、行き過ぎて支配になればパワハラだ。部下が有能で、信頼出来れば話は簡単だが、「放っておいたら何をやらかすか分からない」場合、この境目は結構難しいのではないか。
教会でも主任司祭は、いろいろ自分の思い通りにしたい。そこで、自分の理想を共有出来る人々と親しく働きたいと思う。共働者になり得なければ、適度の距離を置くことになろう。しかしこれが上手く行かないと、古い信徒と新任司祭の争いが傷を深める007.gif
先生と生徒にも、同じような問題があるかも知れない。相手を第一に、大切に思うならば指導だが、自分の理想を追求すれば支配に陥る危険が、、
親子でも、「あなたのためを思って・・・」と、親の自己実現を子に託すケース、多いのでは、、
支配欲の難しさ、、ふと考えた。。。

蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」
-創世記3章4・5節-
[PR]
by hild_yam | 2014-01-10 23:17 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

愛ゆえに・・・

a0142083_224139.jpgとりあえずの更新です。記事ランキングの「元気がでます!」ってなんだろうと思って見たら、パパ様の復活徹夜祭説教抜粋だった。「愛ゆえに行った単純なわざ――墓に行ったこと――が、今や出来事に変わります。」このエピソード、なんか石巻ツアーに通じるような。。。2005年完成のオルガン、既に大震災を想定してフロントパイプが倒れないよう、上から吊ってある。

そして、週の初めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。
-マルコによる福音書16章2節-
[PR]
by hild_yam | 2013-10-05 22:55 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

コリント

a0142083_13332628.jpg
突然ですが、、かつて豊かな賜物に満ちていたコリントが、今はただの廃墟。さいたまや東京も、そうならないとの保証はない。ふと、そんなことを思った。沢山の恵みと導きに感謝しつつも、熱心な祈りなしには何一つ前へ進めないと痛感している。

神の国は言葉ではなく力にあるのですから。
-コリントの信徒への手紙Ⅰ 4章20節-
[PR]
by hild_yam | 2013-09-02 13:42 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

現実逃避。。。

暑いの、逃げたいのと言っても、束の間のこと。3ヵ月もすれば、爽やかな秋風が吹いている筈001.gif
それでも、「あそこの風」は懐かしく、、6年も前の写真を。あの時も演奏一筋でしたが、こういう所で弾きたいものですねぇ、、夏場は、、、でも、神様は別のことをお望みらしい008.gif

人間は息にも似たもの 彼の日々は消え去る影。
-詩編144編4節-
a0142083_1220261.jpga0142083_1220125.jpga0142083_12202171.jpg
[PR]
by hild_yam | 2013-07-13 12:26 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

まぁ、いいか、、、

a0142083_22392821.jpgいろいろあるけど、愛と親しみ溢れるイエス様がおられるし、、力強い祈りで支えて下さる方もあるから、まぁいいか、、、
久しぶりにベランダビアガーデンで、ボォ~っと068.gif

わたしが墓を開いて、お前たちを墓から引き上げるとき、わが民よ、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。
-エゼキエル書37章13節-
[PR]
by hild_yam | 2013-06-25 22:40 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

何か違うんじゃないか

a0142083_15272265.jpg慌ただしい日々の中で、ふと思う。
子供時代は、勉強でも何でも一生懸命やって、将来を目指す。社会に出たら一生懸命働いて、お金や人望を得る。。年を取れば、元気で長生き出来るよう努力する。。。そんな人生で、良いのか。何か違うんじゃないか・・・
結局、神を愛し、隣人を愛し、預かったタラントンを用いる努力をしつつ、突然やって来る主人の帰りを待ちながら、天の故郷へ向かって日々歩み続ける、、何度も失敗したり、倒れたりしても、また立ち上がり、、、
これ以外には、何もないような気もする。

さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。
-マタイによる福音書25章19節-
[PR]
by hild_yam | 2013-06-14 15:34 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

イエスに従う者

新しいパパ様は、コンクラーベのために滞在されたホテルで、フツーの旅人のように支払いを済ませたり、神殿に詣で(サンタ・マリア・マッジョーレ)人々と交わり、病人を見舞い、、、言葉と行いのすべてをもって、「政治家ではなく、イエスに従う者である」ことを示されておられるよう。ますます、期待は高まるばかり043.gif バチカンの最新動画(10分過ぎ位から、メディア謁見が始まります)と

ミサの様子など。長い動画は、飛ばしながら見ていますが、、、YouTubeに釘付け046.gif

主人が帰って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。
-マタイによる福音書24章46節-
[PR]
by hild_yam | 2013-03-16 22:05 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

翻訳

翻訳にしても、演奏にしても、いくら「オリジナルに忠実に」と努めたとしても、仲介者である本人の人となりが顕わになるものと思う。下の二つの動画を見て、考えた。「それでも」と「気にすることなく」では、日本語のニュアンスが随分違う027.gif オリジナルは「Do it anyway」らしい。「いずれにしても」と言ったところか。いずれにしても、マザーテレサの言葉が、実に様々な心に語りかけ、響いていることには違いない。

世の富を持ちながら、兄弟が必要な物に事欠くのを見て同情しない者があれば、どうして神の愛がそのような者の内にとどまるでしょう。
-ヨハネの手紙Ⅰ 3章17節-


[PR]
by hild_yam | 2013-01-20 13:17 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)

お疲れさまでした!

a0142083_13445339.jpg丁度、出勤時間帯に電車が止まり、酷寒のバス停で長蛇の列に立つも、バスは来ず、結局二時間後に復旧した満員電車でパート先へ042.gif 雪で首都圏の交通が大混乱した、昨日のこと。
「寒いですねぇ」「バス来ませんねぇ」「動いてないと死んじゃうよ」・・不思議な運命共同体と共に雪の中、無意味に立ち続けた二時間に、妙な心の安らぎを覚える。競争や批判は、色褪せてしまう。抗うことの出来ない自然現象という大きな力の前で、励まし合い、助け合いつつ、静かに黙々と出来ることをする。。こういう日々の営みが、日本人の優しさ、穏やかさを創っているのかも知れない。成人式に加えて、結婚式も多かったようで、皆さま、お疲れさまでした040.gif 銀世界に空も明るさを増す、本日の風景です。

主を畏れる人は何事にもおびえることがなく、決して臆病風を吹かさない。
主にこそ彼は信頼しているから。

-シラ書34章16節-
[PR]
by hild_yam | 2013-01-15 14:08 | 思ったことなど | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30