愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:われらの北浦和教会( 82 )

聖霊降臨祭おめでとうございます!

a0142083_17282848.jpg
我らの教会では、司教様をお迎えして、40名近い方々の堅信式が行われました。「いつもの子供ミサで・・・」って、いつもと違うでしょうが042.gif
5名の小中学生オルガニスト達が、120%の力を発揮してくれました005.gif
典礼関係者も一ヵ月以上準備を重ね、、用意された食事の量も、半端じゃない。。。皆さま、お疲れさまでした。040.gif 感謝、感謝です。
皆の働きに、豊かに答えて下さった聖霊さまに賛美!
堅信を受けた皆さま、おめでとうございます!
a0142083_1739392.jpg
特大ケーキも、可愛い063.gif

「神は言われる。
終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
すると、あなたたちの息子と娘は預言し、
若者は幻を見、老人は夢を見る。」

-使徒言行録2章17節-
[PR]
by hild_yam | 2013-05-19 18:02 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

アヴェ・マリア

われらの北浦和教会に愛と祈りをこめて、、長年撮りためた写真とともに、アヴェ・マリアの調べを。
(8/28 一部修正してアップロードし直しました060.gif)


疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。
-マタイによる福音書11章28節-
[PR]
by hild_yam | 2012-08-25 23:54 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

われらの教会オルガニスト達

われらの北浦和教会で主日のミサなどのパイプオルガンを弾いているオルガニスト達が、夕食会をしました069.gif 高校生から?歳まで、10名です。全員そろってワイワイ他愛もない話に花を咲かせたのは初めて043.gif みんなを集めて下さったのは、イエス様です。と確信しています。。訳あって。。。音楽歴も信仰歴も様々な私たちですが、これからも、仲良く、楽しく、良い音楽が出来ると良いですね001.gif
↓スープと飲み物。メインディッシュは、それぞれ好きなものを。顔写真は、このくらい小さくぼかしておけば許されるでしようか。
a0142083_21181680.jpga0142083_21183226.jpga0142083_21251582.jpg
僕たちよ、主を賛美し、代々にたたえ、あがめよ。
-ダニエル書補遺 アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌 62節-
[PR]
by hild_yam | 2012-08-18 21:42 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

わたしの一番

a0142083_1205012.jpgグレゴリオ聖歌隊解散宣言の後、お叱りもあるかなぁと恐れていたのですが、温かい言葉ばかりで、、007.gif
「たくさんの感動と感激と喜びを頂きました。グレゴリオ聖歌隊にいたことは、私たちにとって、とても素晴らしい経験です。」「悔いや残念な気持ちはありますが、やはり今は、グレゴリオ聖歌隊でみなさんとこれまで一緒にできたすべてのことを感謝して、それを与えてくださった神さまにこころからの感謝と賛美をささげるようにします。」「いつかまた北浦和教会にグレゴリオ聖歌が響く日を心待ちにしております。」
皆さま、本当にありがとうございます040.gif でも、今、聖歌隊を惜しんでおられる人々が、もし毎回ミサや練習に参加していたら、聖歌隊はなくならなかったと思います。もし、あなたにとって大切な何かがあるならば、あなたがそれを支えて下さい。「これは、私の一番!」にしている人が二人居れば、大抵の集まりは存続出来るように思います。
残念ながら、私にとってもグレゴリオ聖歌が「一番」ではありませんでした。オルガンや祈りの集い、収入を得ている仕事等、もっと大切なものが沢山あります。日本で5年、ドイツで5年、10年間も教会音楽教育を授けて頂き、グレゴリオ聖歌を学ばせて下さった神様に、お返しする責任があるかな、、と思って、指導を引き受けた次第です。
聖歌隊内の連絡用メーリングリストは1~2ヵ月そのままにしておきますので、「私の一番」にしたい方がどなたかいらっしゃいましたら使って下さい。

神の御名を賛美してわたしは歌い 御名を告白して、神をあがめます。
-詩編69編31節-
[PR]
by hild_yam | 2012-08-04 12:46 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

突然ですが、、

a0142083_21333231.jpg突然ですが、グレゴリオ聖歌隊を解散する運びになりました。今まで奉仕してきたミサの時間変更を主任司祭が希望⇒その時間に参加出来るメンバーが少ない⇒奉仕出来るミサがなくなった⇒集まって練習する必要もなくなった。という流れです。寂しいですが、これも神様のお導きと思います。そう言えば「ミサの時間変更」を知ったのも、先日の関東大会で聖霊に満たされた直後でした。これから、もっと色々な変化があるかも知れませんね。。。
聖母被昇天のミサについては、既に沢山練習して、何とかこの時間に駆けつけようと労苦して下さった聖歌隊の皆さま、申し訳ありません。皆様が捧げた時間とエネルギーは、確かに神さまの御手に届いていますから、いつか神さまと直接顔と顔を合わせてお会いする時に、覚えていただけると信じます。そして、皆様、お一人おひとりにとっても、決して「無駄な時間」ではなかったと信じております。私にとっても、昨年9月にイタリア各地でのミサ奏楽をストレスなく引き受けることが出来たのは、聖歌隊の経験があったからこそ、と感謝しております。
尚、発声講習会は予定通り行いますので、そちらでまた、皆様と一緒に歌えることを期待しております。

見よ、このような日が来る、と主は言われる。
わたしはダビデのために正しい若枝を起こす。王は治め、栄え この国に正義と恵みの業を行う。

-エレミヤ書23章5節-
[PR]
by hild_yam | 2012-07-30 22:00 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

記憶

18年前に我らの教会で結婚式を挙げて、その後、聖公会の司祭になられた方の講演会があった。ファックスから滝のようにリクエストの楽譜が流れて来た、あの人か・・・と懐かしかったが、先方は全く覚えておられないようで、がっかりした015.gif
a0142083_22222817.jpga0142083_22224231.jpg
あなたの祭壇に、鳥は住みかを作り つばめは巣をかけて、雛を置いています。
万軍の主、わたしの王、わたしの神よ。

-詩編84編4節-
[PR]
by hild_yam | 2012-07-01 22:42 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

一番星

a0142083_22212752.jpg久しぶりの好天058.gif 随分、日が長くなりました。一番星が、きれいに輝いておりました072.gif

どうか、御父が、その豊かな栄光に従い、その霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強めて、信仰によってあなたがたの心の内にキリストを住まわせ、あなたがたを愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者としてくださるように。
-エフェソの信徒への手紙3章16・17節-
[PR]
by hild_yam | 2012-05-11 22:30 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

あらら・・・

a0142083_11441070.jpga0142083_11442432.jpg
予報通りの荒天。あららっ、ピンクの絵具をぶち撒けちゃったんですか~005.gif と思ったら、八重桜が散っていたのでした043.gif

主がすべての災いを遠ざけて
あなたを見守り
   あなたの魂を見守ってくださるように。

-詩編121編7節-
[PR]
by hild_yam | 2012-05-03 11:51 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

今日も、いい天気♪

a0142083_122825100.jpg今日も、いい天気058.gif 教会の生け垣が満開001.gif 例によって、GWは関係なく仕事。

愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです。
-ヨハネの手紙Ⅰ 3章2節-
[PR]
by hild_yam | 2012-04-29 12:36 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)

ニッコリ ^_^

a0142083_109517.jpg昨日は、いつくしみの主日(⇒御絵とパンフ準備)+子供ミサ(⇒オルガンの子供たちの心配)+午後発声講習会(⇒準備いろいろ)で、盆と正月とイースターとクリスマスが一緒にやって来た?!みたいに慌ただしかった042.gif やり残したこともあるが、小さな苦労が大きく報われたように感じて、ニッコリ003.gif 何がどう報われたかは、神様と私だけのヒミツ006.gif 日々の小さな熱心が結ぶ小さな実を見るのは、嬉しいことですね。沢山の人々が捧げたノヴェナの実りかも。。。

さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。
-ヨハネによる福音書20章26節-
[PR]
by hild_yam | 2012-04-16 10:36 | われらの北浦和教会 | Trackback | Comments(0)
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31