愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

希望が見えない時

a0142083_933060.jpg既に昼の十二時ごろであった。全地は暗くなり、それが三時まで続いた。太陽は光を失っていた。神殿の垂れ幕が真ん中から裂けた。イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。百人隊長はこの出来事を見て、「本当に、この人は正しい人だった」と言って、神を賛美した。見物に集まっていた群衆も皆、これらの出来事を見て、胸を打ちながら帰って行った。イエスを知っていたすべての人たちと、ガリラヤから従って来た婦人たちとは遠くに立って、これらのことを見ていた。
-ルカによる福音書23章44-49節-

第12留 イエスは十字架上で息を引き取る

一連の騒ぎが、終わった。イエスは死んだから。「やれやれ、これでひと安心」と考えた人達もいる。でも、これは終わりではなく、始まり。すべてを捨ててイエスに従って来た人々は、呆然と立ち尽くす。イエスと共に歩んだ歳月、人生の希望、喜びのすべてが、終わった。目の前の出来事を受け止められず、希望が見えない時にも、神の御計画と御業に信頼し続けることが出来ますように、主よ、私があなたから離れ去る事を決してお許しになりませんように。
[PR]
by hild_yam | 2017-04-03 10:14 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hildy.exblog.jp/tb/23766403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31