愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

神様の価値観

a0142083_10444680.jpg「主がわたしにあの絵を描くよう求められたとき、皆があからさまにわたしについて話しだし、わたしをヒステリー患者で、幻想でいっぱいの者と見なし始めました。その噂は、ますます声高になり始めました。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」125より)
主御自身が依頼されたならば上手く運ぶよう助けて下さる、と考えるのが一般的ではないか。増し加わる困難をお許しになるとは、驚きです005.gif 神様のパワハラか?!でも実際に、こういうことは起こる。そして嵐の中でも、主御自身がしっかり(ちゃっかり?)事を成し遂げる。

「神御自身が彼に反対しておられるように見えたので、主御自身が彼に行うようにお願いになったことを、彼が果たそうとしているのに、その邪魔をするかのように、どうして主がこのように彼に対して振舞われるのですかと、主にお尋ねしました。すると、主は言われました。『わたしが彼に対してこのように振舞うのは、この業がわたしのものであることを証明するためである。いかなるものも恐れるなと彼に言いなさい。わたしの眼差しは昼も夜も彼に注がれている。彼の冠を形づくるために、この業によって救われる霊魂の数と同じ数の冠があるだろう。わたしが報いを与えるのは、業の成功に対してではなく、苦しみに対してである。』」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」90より)
神様の価値観は、この世のものとは大分違うようである。

お前はわたしが定めたことを否定し
自分を無罪とするために わたしを有罪とさえするのか。

-ヨブ記40章8節-
[PR]
by hild_yam | 2016-05-18 10:41 | 神の慈しみと聖ファウスティナ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hildy.exblog.jp/tb/22824072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31