愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

神を探し求める(6)

a0142083_23134118.jpgドイツの聖オッティリエン修道院からエレミアス神父様をお招きして行われた、5月のオブラーテの集いの講和の最終回。個人的な録音を自分自身の勉強のために、個人的に翻訳しました。公式のものではありませんが、参加出来なかった兄弟姉妹方のお役に立てれば幸いです。(5月13日、18日と6月2日、17日、7月1日の記事の続きです)

光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。
-ヨハネによる福音書12章36節-

《5月11日オブラーテの集いにおける、エレミアス神父様の講和~修練について~その6》

どれを買おうか、というような問題ではなく、結婚した方が良いか、修道院に入ろうか、どの仕事につこうか、と言う問題の場合です。この時に厄介なのは、自分で下さなければならない決断、自らの状態を外から冷静に眺めることが難しい、という点です。それでも、自分の力で外観を見極める三つの段階を聖イグナチオが挙げています。

第一に、あなたのことを知らない理性的な人が、この状況をどのように判断するか想像してみよう。聖イグナチオの方法では、霊的課題について想像すること、別の状況を空想することが大切になっています。別の中立的な視点、という第一の方法です。

第二に、あなたの生涯の終わりの時を想像してみよう。その時、あなたはどう決断したいか。目下の時間に関わるものから解放される試みとして、私は大変気に入っています。人生を終えて死ぬ時に、この決断が私の人生にどのような意味を持つのか、私はどのようにしたいか。利己的な要素だけで、決断に至ることがないように。

第三の方法、世の終わりに最後の審判において、どのように決断したらよかったと思うか想像してみよう。つまり、その決断がどのような意味を持つかを見る、より大きな枠組みが必要になります。

主観的判断は、つねに主観的なものですが、それを客観的なものと結び付ける試みです。客観的な誰か別の人、人生の終わりという客観的状態、神の被造物という客体として。聖ベネディクトは、聖イグナチオより900年前に生きていました。もちろん彼は、まだこの決断方法を知りませんでした。

しかし彼は聖イグナチオと同じように、人は決断する時に自由を生きると言うことを知っていました。これは、ひとつのパラドックスです。決断する時は、結びつき、束縛が始まる時でもあるのですが、その時同時に自由であることが証明されます。その時、結びつきによって自由が開花するのです。結婚もそうですし、修道院の誓願や誓約などの決断もそうです。

このような理解は大変古くからありますが、私たちの時代にはとても難しいことです。多くの人々は、決断しなくて良いことが自由だ、結びつかないことが自由だと考えています。可能性と自由を混同しています。沢山の戸口の前に立っていて、入ることが出来る戸口はひとつだけなので、どこにも入らないようなものです。

自由と結び付きのパラドックスは、おそらく愛によってのみ解決可能でしょう。このようにして、結びつきが自由と一致します。幸いにも、イエス・キリストが十字架を担われました。自由な決断によって、十字架に釘づけられました。従順と自由を現されました。
[PR]
by hild_yam | 2013-07-10 23:28 | ベネディクト会オブラーテ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hildy.exblog.jp/tb/18070417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30