愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

十字架

a0142083_14332986.jpg イエスは、自ら十字架を背負い、いわゆる「されこうべの場所」、すなわちヘブライ語でゴルゴタという所へ向かわれた。
-ヨハネによる福音書19章17節-

第二留 主、十字架を担い給ふ

私たちは、ふつう、苦しいことが嫌いで、楽しいことが好きだ。厄介なことは避けて、平和な日々を送りたいと思う。でも、いくら退けようとしても、この世から苦しみが無くならないことも知るようになる。
イエスは皆に言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである。」
-ルカによる福音書9章23・24節-

私の生活の中に神様が送って下さる人々、私の日々に起こることを神様が許された出来事、そのすべてを感謝の心で受け取ることが出来ますように。主よ、いつも私を養い、育てて下さる、あなたの愛に信頼することが出来ますように。
[PR]
by hild_yam | 2013-02-18 15:12 | 十字架の道行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hildy.exblog.jp/tb/17334056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30