愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

今日は、こんな日

a0142083_1858344.jpgグレゴリオ聖歌隊は解散、オルガン発表会も惨敗、、ただ主の御顔を慕い、主の御望みだけを考えて黙々と励んできたことが、ことごとく失敗に終わった印象です。それにもかかわらず、「ただ主の御旨だけを思い、努力してきた」ということに、ほんの少しの疑いも入って来ないのは不思議な程です。凶暴男さんの来年への意気込みや、本番で終始大破したM氏が練習オルガン獲得に奔走される姿、8月下旬にもう次のレッスンを予約された方々などに励まされ、来年のために、こちらのホールの第一回支払いを済ませて来ました060.gif
「わたしの意思によって存在するすべての業が大きな苦しみにさらされているが、そのうちの一つでも、直接わたしのものである業-贖いの業-よりもっと大きい困難を受けているかどうかを考えなさい。逆境について心配し過ぎてはならない。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」1643より)
そして、こちらへ向かいました001.gif
a0142083_19185450.jpga0142083_19191726.jpg

まずは、百合の小道を通ってお墓参り。
聖母被昇天のミサ。
赦しの秘跡にも、与ることが出来ました。
少々詰まり気味だった神様とのパイプラインがきれいに掃除されて、聖霊の流れも爽やか043.gif
a0142083_19274263.jpga0142083_1928521.jpg
おまけ:カトリック新聞の「みんな燦燦」で有名になった「エル」でお食事。「丸出しで恥ずかしくて」と連発されておられました。カルメル会のレモンクッキーも美味しい063.gif 「壊れやすいから気をつけて」と言われ、、見事に壊れましたが、、、味に別状ありません。

「霊魂たちを裁くのは止めましょう。彼らと共にある神の慈しみが並外れていますから。」(聖ファウスティナの日記「わたしの霊魂における神のいつくしみ」1684より)「万事をわたしに委ねて、独力で何もしてはならない。そうすれば、あなたはいつも大いなる霊の自由を得るようになる。いかなる状況や出来事も、決してあなたの霊を動揺させることはできなくなる。人々が言うことを尊重してはならない。それぞれ好きなようにあなたを批判させておきなさい。あなた自身のために言い訳をしてはならない。」(同1685より)

竜の尾は、天の星の三分の一を掃き寄せて、地上に投げつけた。そして、竜は子を産もうとしている女の前に立ちはだかり、産んだら、その子を食べてしまおうとしていた。
-ヨハネの黙示録12章4節-
[PR]
by hild_yam | 2012-08-15 20:09 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hildy.exblog.jp/tb/15973256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30