愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

~発声講習会へのお誘い~

(しばらくトップに置かせていただきます。新しい記事は、下にございます。)

みんなで楽しく、いい声だそう♪ part 2

発声講習会好評につき、ふたたびバリトンの鈴木優先生をお招きして、第二回目の発声勉強会をすることになりました(^o^)/

歌うこと、合唱することが大好きなみなさま
神様に捧げる音楽に興味をお持ちのみなさま
これまで発声のレッスンを受けたことのない初心者の方にも
多くの経験をつまれている方や御自身が指導する立場にある方にも
有意義な時間になること間違いなしです♪
お子様からお年寄りまで、みんな一緒に楽しく歌いましょう。
初めて教会へいらっしゃる方も大歓迎です(^_^)b


今年の6月に北浦和教会で行われました発声講習会には、老若男女34名が参加され、みんなで楽しくいい声を出すことができました。「ぜひまた、このような機会を・・・」とのご要望に答えて、第二回目の発声講習会を企画しました。
鈴木先生の指導は、楽しくて、不思議にいい声が出るようになる「鈴木マジック」と評判です。
初めての方も、前回参加された方も、みんなで日曜日の午後のひとときに、楽しく歌って交流ができたらいいなぁ、と思うのです。

◆発声の勉強って、どんなことをするの?◆
それぞれの文化によって「美しい声」の基準は違ったものとなり、その声を実現するための技術は違ったものとなるでしょう。ここでは教会で聖歌を歌うのに役立つ、ヨーロッパのクラシック音楽の発声の基礎を共に学んでいきます。

発声のトレーニングには、次の三つのポイントがあります。
①呼吸:発声の技術の基礎となります。単純な腹式呼吸から、さらに一歩進め下腹の中の筋肉で呼吸をコントロールしていくことを目指します。この呼吸法により、しっかりとした声のエネルギー源を作ります。
②声の響き:声楽家の声はよく響き、大きな声に聞こえますが、単純に話し声を拡大しているのではありません。たとえば鼻の付け根に、そこを通ると声の響きが増幅されるレンズのようなものが入っていると想像してみてください。声の響きをつかむコツは、いかにして声帯の負担を軽くして効率よく豊かな響きを得るかということに集約されるでしょう。
③言葉の発音:まず「ウ・オ・ア・エ・イ」の5つの母音を作っていきます。②で作った声の響きの、響きのフォーカスを変化させることで作ります。また、舌、口唇、歯などで作られる子音とのコンビネーションも学びます。
以上三つの主な要素を、はじめは別々に練習し、やがて統合していきます。その過程で声を出す楽しさや難しさを感じていただけたらと思います。発声のトレーニングの後で簡単な聖歌を歌います。
今回は、クリスマスの季節に歌われる典礼聖歌149番「遠く地の果てまで」〈混声四部合唱〉とグレゴリオ聖歌「ひとりの幼子われのうちに生まれ〈Puer natus est nobis〉」を歌う予定です。

日時 11月14日(日)12:30~15:30
場所 カトリック北浦和教会 信徒会館
会費 800円

(事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。)

講師 鈴木 優(東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。聖徳大学大学院音楽文化研究科博士前期課程修了。現在、同大学院博士後期課程在学。1982年より2年間、東京混声合唱団に在団。1992年夏より2年半にわたりアウグスブルクに遊学。帰国後はドイツ歌曲を中心とした演奏活動と合唱指揮および声楽の指導を行なう。これまでに声楽を吉岡巌、橋本周子、高橋大海、平野忠彦、C.オッカー、C.レーマンの各氏に師事。つくば古典音楽合唱団音楽監督、日本声楽発声学会会員。)
[PR]
by hild_yam | 2010-11-14 00:00 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hildy.exblog.jp/tb/11314072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by S.S. at 2010-10-27 16:55 x
お疲れが出る頃でしょう。ご苦労様でした(^_-)
CD.DVD有難うございました(^o^)貴女が気に掛けておられたことが解る様でもありますが、むしろ、私は聖堂という臨場感を以て聞きました。
既に彼女たちは福音を告げる為に出かけました。そこには、主が共にいて下さり、良い実りをもたらすことを信じて祈ります。
主よ、あなたの慈しみを アーメン。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31