愛・喜び・平和~今日、この日に感謝をこめて~

hildy.exblog.jp ブログトップ

発声講習会へのお誘い♪

a0142083_22344478.jpg主に向かって喜び歌おう。
救いの岩に向かって喜びの叫びをあげよう。

-詩編95編1節-

歌うこと、合唱することが大好きなみなさま
神様に捧げる音楽に興味をお持ちのみなさま
これまで発声のレッスンを受けたことのない初心者の方にも、
多くの経験をつまれている方や御自身が指導する立場にある方にも、有意義な時間になること間違いなしです♪
お子様からお年寄りまで、みんな一緒に楽しく歌いましょう。
初めて教会へいらっしゃる方も大歓迎です(^_^)b

クリスマスコンサートでお馴染みバリトンの鈴木優先生をお招きして、発声の勉強会をすることになりました060.gifみんなで日曜日の午後のひとときに、楽しく歌って交流ができたらいいなぁと思い、お茶とお菓子も用意してお待ちしておりま~す063.gif明後日の午後、直接会場へお越しください(^o^)/

◆発声の勉強って、どんなことをするの?◆
それぞれの文化によって「美しい声」の基準は違ったものになります。例えば中国の京劇、日本の能、イタリアのオペラでは、それぞれ出すべき声が違います。今回は、教会で聖歌を歌うために役立つヨーロッパのクラシック音楽の発声の基礎にふれることができます。

発声のトレーニングには、次の三つのポイントがあります。
①呼吸:発声の技術の基礎となります。単純な腹式呼吸から、さらに一歩進め下腹の中の筋肉で呼吸をコントロールしていくことを目指します。この呼吸法により、しっかりとした声のエネルギー源を作ります。
②声の響き:声楽家の声はよく響き、大きな声に聞こえますが、単純に話し声を拡大しているのではありません。たとえば鼻の付け根に、そこを通ると声の響きが増幅されるレンズのようなものが入っていると想像してみてください。声の響きをつかむコツは、いかにして声帯の負担を軽くして効率よく豊かな響きを得るかということに集約されるでしょう。
③言葉の発音:まず「ウ・オ・ア・エ・イ」の5つの母音を作っていきます。②で作った声の響きの、響きのフォーカスを変化させることで作ります。また、舌、口唇、歯などで作られる子音とのコンビネーションも学びます。
以上三つの主な要素を、はじめは別々に練習し、やがて統合していきます。その過程で声を出す楽しさや難しさを感じていただけたらと思います。今回は、発声のトレーニングの後で簡単な聖歌を歌います。

日時 6月6日(日)13:30~16:30
場所 カトリック北浦和教会 信徒会館
会費 1800円以内(参加者が多ければ多いほど安くできます。皆さまお誘い合わせのうえ、多数のご参加をお待ちしております。会費は、当日のお帰り前にお願いします。)
[PR]
by hild_yam | 2010-06-04 22:46 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hildy.exblog.jp/tb/10748762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

オルガニスト 山田早苗 Official Blog☆聖書の御言葉と写真で綴る日記


by hildy
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30